McLaren

/ News

© McLaren
拡大

フェルナンド・アロンソのいない2019年のF1シーズンを戦うためのマシンをマクラーレンが公開した。

近年苦戦を続けているイギリスチームは最近の記憶では最も経験の少ないドライバーラインアップで新たなシーズンに臨む。スペイン人のカルロス・サインツとマクラーレンジュニアのランド・ノリスがコンビを組む。2018年はプレシーズンに誓った表彰台争いへの返り咲きという目標を達成することはできず、チャンピオンシップランキングは6位に終わった。これを受けてCEOのザク・ブラウンはチーム運営の大がかりな再編成を断行した。

2019年のマシンはチーム創設者のブルース・マクラーレンが世界選手権に参戦した初期のカラーであるオレンジを踏襲している。チームは数十年にわたり、グレーやブラック系のマシンを使い続けていたが、2017年シーズンを前にブラウンはアイコニックなカラーに戻すことを決めた。だが、レーシングスーツはがらりと変わっており、ブルーがメインとなったスーツでサインとノリスがステージに登場した。

2015年からドライバーを務めたアロンソはリザーブとしてまだ在籍し続けているものの、今年の彼の焦点はトヨタと戦う世界耐久選手権(WEC)と、5月にマクラーレンとして2度目の挑戦をする世界的オーバルレース、インディ500で優勝することだ。これまで、バルセロナのプレシーズンテストでアロンソが1日走るのではないかとの臆測も流れていたが、新車発表と同時に出されたプレスリリースでテストはサインツとノリスが作業を分担することが判明している。

© McLaren
拡大

新車についてブラウンは次のようにコメントした。「MCL34はチーム全体の多大なハードワークと献身の結晶だ。われわれは皆コミットし、意欲的で、マクラーレンに競争力を取り戻すという大きな望みに向けて団結している。MCL34はこのプロセスのスタートに過ぎない」

「ドライバーたちはフレッシュな2人になり、彼らは2人とも新世代のF1を代表する優秀なドライバーたちだ。そして、総力を挙げてマクラーレンを前進させようとするチームの欠かせない一部となっている」

「マクラーレンファミリーには従業員やドライバーたちだけでなく、われわれの素晴らしいパートナーたちやすてきなファンたちも含まれている。われわれは成長を続けるパートナーたちの強いコミュニティーと素晴らしいファンベースを持っており、彼らは良い時も悪い時も常に忠実でサポーティブであり続けてくれた。2019年シーズンを迎えるにあたり、私から感謝を申し上げたい。これまでと変わらず、われわれは恐れずに前進する」

© ESPN Sports Media Ltd.