McLaren

/ News

  • アブダビGP - マクラーレン - 初日

予選は厳しいと予想するアロンソ

Me / Jim
2018年11月24日 « 初日の出来に満足するハースF1 | 「1」を付けるのは今回だけとハミルトン »
© GIUSEPPE CACACE / AFP
拡大

シーズン第21戦アブダビGPが開幕した23日(金)、マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドールンは2回目のフリー走行で13番手と18番手のタイムを残した。

初回セッションはバンドールンが18番手、アロンソが19番手だった。

フェルナンド・アロンソ

「あんなにコンディションが暑くては、FP1はあまり参考にはならない。だから僕らは少し時間を使って、来年のマシン開発に向けたコンセプトを実験してみたんだ。FP2では今週末の方に集中し、2種類のタイヤをテストして有益なデータを得た。明日はもっと準備ができているはずだから、どこまでできるか見てみよう。明日のFP3でも路面が熱くなるようなら、さらに来年用のテストをするつもりだ。チームのためにいい情報が集められることを願っているよ。今週末は僕らにとってタフなものになる。現実的になるべきだ。金曜日は周りがまだ力を隠しているから少し良く見えるけど、予選は厳しいと予想している」

ストフェル・バンドールン

「あまりいい金曜日にはなってくれなかった! トラブルがいろいろ発生してしまってFP2はガレージでたくさん時間を失っている。だから、僕は燃料が多い時の感触をまだつかんでいないんだ。最高の1日ではなかったけど、明日は全部をまとめ上げてクリーンな1日を過ごせるよう願うよ。最後はいい形で終わりたいからね。ここ数週間、僕はすごくいいレースができているから、うまくまとめられれば今回も同じことができると思う。タイヤはまた少しトリッキーなようだ。僕は少し疑問を残したままレースを迎えることになるけど、今回はエンジョイするつもりで来た。楽しんで、ベストを尽くしたい。全てを最大化しなければならないのはいつもわずかなプレッシャーだ。今回は僕のラストレースだけど、今も自分のベストを出し尽くしたいと思っている」

ジル・ド・フェラン(スポーティングディレクター)

「今日に関しては複雑な思いだ。残念ながら、FP2ではストフェルのマシンにわずかなトラブルがあり、彼の走行プランを台無しにした。フェルナンドの方はトラブルフリーの1日となり、最初のフリー走行から今日の終了まで一貫した進歩を遂げている。明日に関して予想をするのは難しく、中団グループは非常にタイトだ。それでも、燃料が重くとも軽くとも、今日の自分たちのパフォーマンスには励まされている」

© ESPN Sports Media Ltd.