McLaren

/ News

  • マクラーレン

セッテ・カマラがマクラーレンのテスト兼開発ドライバーに

Jim
2018年11月6日 « 「勝つことへの恐怖」を拭い去れ、とアリバベーネ | 2020年からベトナムでのF1開催が決定 »
© Xavier Bonilla/NurPhoto via Getty Images
拡大

ブラジル人F2ドライバーのセルジオ・セッテ・カマラがテスト兼開発ドライバーとしてマクラーレンに加わった。

セッテ・カマラは今季、マクラーレンのテストドライバーを務めるランド・ノリスの相棒としてF2を戦っている。マクラーレンは来季のラインアップとしてカルロス・サインツとノリスを起用することになっており、セッテ・カマラがノリスの現職を引き継ぐ。セッテ・カマラの役目はチームのレースプログラム支援と、ウォーキングにあるファクトリーでシミュレーター作業に励むことだ。

アブダビでのシーズン最終戦を残し、セッテ・カマラはF2ドライバーズ選手権6位につけている。これまでにF2で表彰台の頂点に上ったのは一度きり、昨年のベルギーGPスプリントレースだけだ。

20歳のセッテ・カマラは「いつの日かF1ドライバーになるというのが僕の夢。今回の素晴らしいチャンスを与えてくれたマクラーレンに感謝したい。目標はチームの中で自分を成長させ、できるだけチームと密接に取り組むこと。ドライバーとして成長し、マクラーレンをサポートしていけるように、耳を傾け、学習していきたい」とコメントした

マクラーレンのスポーティングディレクターを務めるジル・ド・フェランは次のように述べている。

「マクラーレンと若手ドライバープログラムにセルジオを迎えられてうれしく思う。しばらく彼の成長を見守ってきた。実際にポテンシャルを持つ有望な若い才能にあふれるドライバーだと考えている」

「われわれのレーシングオペレーションをサポートしてもらいつつ、多才なドライバーとして彼のスキルを成長させるべく、共に働いていくのが楽しみだ」

© ESPN Sports Media Ltd.