McLaren

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

来年のインディ完全転向は考えていなかったとアロンソ

Jim
2018年10月21日 « 高速区間が印象的とアロンソ | ピレリ、来季タイヤは白・黄・赤の配色へ »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

フェルナンド・アロンソは来年のインディ参戦を見送ったマクラーレンの決断が自らの今後を妨げることはなく、2019年のプランは今も順調に進んでいると主張した。

19日(金)、マクラーレンCEOのザク・ブラウンはインディカーシリーズ参戦の可能性を評価した結果、2019年にフル参戦しないことを決めたと明かしている。これまで、今年8月に今シーズンをもってF1から退く決断を公表したアロンソがモータースポーツ界の3冠達成を目指してインディ転向を検討しているのではないかと考えられていたが、アロンソ自身はそれを否定。

「うん、今日(金曜日)マクラーレンが来年のインディカーに参戦しないことを知ったんだろうけど、僕は8月から分かっていたから、今日発表されたことは少なくとも僕の今後のプランに何の影響もない。数カ月前には分かっていたからね。9月にインディカーの現場に行ってテストしたのはマシンの感触を確かめるためだけど、別に隠された目的があったわけじゃないし、他に将来のプランがあるわけでもない」

「今日、ザクが発表したことを受けて、みんなが僕にとっては挫折になるとか言っているのを聞いたけれど、そうじゃない。インディカーのフル参戦が僕のプランだったことは一度もないから、僕にしてみれば何の変化もないよ」

アロンソはすでに来年、世界耐久選手権後半戦に専念することになっており、シーズンは6月のル・マン24時間レースで幕を閉じる。将来的にインディカーに参戦することを除外してはいないものの、アロンソは2019年に両立するのはやりすぎだと語っている。

「来年の自分のプログラムはもうずっとはっきりしているけど、いろいろとまとめないといけないし、別々のシリーズやいろんな会社からのたくさんのプランがあって、そのクロスオーバーを考えないといけない。すべてが整ったらちゃんと発表するよ。でも、インディカーシーズンのフル参戦が選択肢だったことは一度もない。将来的にはインディカーをやりたいと思っているけど、来年じゃないことは確かだ」

「フル参戦するとなれば、17戦、すべてがアメリカで(編集部訳注:一部カナダあり)、カテゴリーもコースもゼロから学ばないといけないから、そうなると集中することを求められるし、それは僕のプランじゃない。今日、ザクが発表したことはマクラーレンの利益を考えてのものであって、どうなったにせよ、フルシーズンのプランは僕の中になかった」

しかしながら、アロンソは再びインディ500にスポット参戦する可能性を除外していない。

「昨年やったように、インディ500については今、評価しているところ。でも、まだ決断には至っていないし、決断するまでまだ時間がかかる」

© ESPN Sports Media Ltd.