McLaren

/ News

  • マクラーレン

タイヤ配分のミスを認めるマクラーレン

Jim
2018年10月6日 « Q3に行けず悔しがるルクレール | 温度上昇で難易度も増したとピレリ »
© Toshifumi KITAMURA / AFP
拡大

マクラーレンは日本GPに向けたタイヤ選択の判断を間違えたと明かし、その結果、ドライバーたちは予選までにスーパーソフトタイヤを履いて本格的な練習に取り組めなかった。

ピレリは鈴鹿サーキットにミディアム、ソフト、スーパーソフトのドライタイヤ3種類を用意しており、マクラーレンはミディアムを4セット、ソフトを5セット、スーパーソフトを4セットの合計13セットを選択。そのため、フリー走行と予選で使用できるスーパーソフトタイヤのセット数が限られてしまったのだ。他の全チームはスーパーソフトを少なくとも7セット確保しており、中でもフェラーリは最も多く10セットを選んでいる。

チームは各セッション終わりにピレリにタイヤを返却しなければならず、戦略やタイヤの挙動によって可変するものの、大半のチームは予選で各ドライバーに最も柔らかいコンパウンドを5セット確保する傾向にある。これにより、予選の序盤2セッションは最も柔らかいコンパウンドの新品セットを使って2回の走行が可能となり、Q3では温存が義務付けられている最も柔らかいタイヤの1セットを使用する。

しかしながら、マクラーレンが週末を通して確保したスーパーソフトは4セットしかなく、Q3用の1セットを除くとマクラーレンドライバーは3回のフリー走行と予選序盤2セッションでわずか3セットのスーパーソフトしか残らない。結果的に、マクラーレン勢は3回のフリー走行ともスーパーソフトタイヤを使えない前提となってしまったのだ。実際はストフェル・バンドールンが金曜フリー走行2回目に1セットを履いたが、フェルナンド・アロンソはフリー走行で一度もスーパーソフトを試さずに予選を迎えている。タイヤのセンシティビティを考えれば普通でない選択だ。

とはいえ、タイヤ選択はフライアウェー戦の場合、グランプリの14週間前に決めなければならず、実際に現地入りするのがかなり先となるため、どのチームも自分たちのマシンがどのようなパフォーマンスを発揮するのか予想しつつ判断しなければならない。もしタイヤ選択の期日を過ぎていれば、マクラーレンが日本に選んだ配分になるが、スポーティングディレクターのジル・ド・フェランは期日が過ぎたわけではないとし、チームが単純に選択を誤ったのだと説明した。

結局、マクラーレンは予選を18番手と19番手で終えており、唯一、予選で上回ったのはQ1前半にクラッシュを喫してマシンを降りたザウバーのマーカス・エリクソンだけだ。

タイヤ選択についてド・フェランは「大事なのは理解すること。われわれは正直、うまくやれなかった。常にすべてを正確にできるわけではない。うまくやろうとするし、うまく分析し、うまく判断し、いろいろなことをうまくやろうと努力する。当時は正しい情報と信じるものを踏まえて、自分たちにできる最善の判断だと思っていたと理解している」とコメント。

「その後に新しい証拠や情報が分かり、後知恵で振り返れば"ああそうだ、おそらく別の判断ができただろう"と思うものだ」

また、ド・フェランはマクラーレンが手元にあるタイヤでベストを尽くしたと主張しつつも、タイヤ選択は別として、結局のところはマシンがQ2に進めるほど十分に速くなかったということだろうと語った。

「現場にいる者たちは走行プランに関して良い選択をしたと思うし、いつどのタイヤを使うのか、予選のデータを見てみれば、実際、予選には非常に優れたバランスで到達していることが分かる。それに、2人のドライバーとも、とりわけフェルナンドは本当に素晴らしい走りだったので、マシンにさほどパフォーマンスは残っていなかったと思う」

「一歩引いてレースを考えると、レースに向けたタイヤの状況や予選の展開を踏まえればそんなに悪いとは思わない。それでも、振り返って腕を磨いていかなければならないし、"もしかしたら別の判断ができていたかもしれないから、どうやって物事を見ていたのか振り返ろう"とは言える」

「最初に自分が正しいと思ったことのひとつに戻ってみることだと思う。鏡を見て、"OK、あまりうまくいかなかった、どうすればもう少しうまくやれるだろうか?"と問いかけることが重要だ。こういったことは起きるものだし、何もかもが少しずつ良くなっていくのだから、文字通り、毎日起こるべきことでもある」

© ESPN Sports Media Ltd.