McLaren

/ News

  • バルセロナテスト - マクラーレン - 初日

バンドールンが通常作業、ターベイとノリスはタイヤテスト

Jim
2018年5月16日 « ゲラエル、トラブルで50周しか走れず | 久々のF1マシンを味わったジョビナッツィ »
© Xavier Bonilla/NurPhoto via Getty Images
拡大

バルセロナテストがスタートした15日(火)、マクラーレンはストフェル・バンドールンと通常のテストプログラムに取り組み、ランド・ノリスとオリバー・ターベイはピレリの2019年タイヤテストに専念した。

ストフェル・バンドールン

「いろいろとチェックしたりテストしたりすることがあって今日のプログラムは少しスロースタートになったけど、基本的にはかなりポジティブだった。新しい空力パッケージの分析をたくさんやったし、もっとしっかり理解して、マシンの挙動にどう影響しているかを正確に読めるように、大量のテストに励んだ。タイヤテストも少しだけやったんだ。セットアップの有益な情報を集められたらと思ってね。結局はしっかりと走り込めたし、今日学んだことに関してはとても満足している。明日はピレリ用のマシンをドライブする。今日とは完全に異なるプログラムだけど、それでもマシンで時間を過ごせる良いチャンスだね」

ランド・ノリス(テスト兼リザーブドライバー)

「今日はマシンに半日乗って、新車発表の時は1周しか走れなかったから、実際にはマクラーレンMCL33の初テストに近いね。それに、ルノーのパワーユニットになってからは初テストだし、F1マシンをコース上でテストできるのは本当にクールだ。ダウンフォースがすさまじくて、ものすごく速い。ピレリのテストに取り組んで、すべて順調だったよ。いずれにしてもマシンには触れられないし、テストが始まった時とまったく同じにしておかないといけないから、僕自身、いろいろなことを試す時間がかなりあったんだけど、同時に、ピレリが与えてくるタイヤごとにその違いを感じようともした。テストするものがたくさんあるから、ずっと乗りっぱなしだったし、今朝、僕がマシンから降りたのは1度だけ。1回の出陣でかなりたくさんのラップを走ろうとするのはいいことだと思うし、マシンに慣れられる。明日はマクラーレン(のテスト用)マシンに乗るからもう少しペースをプッシュできる。このコースはフィジカル的にかなりタフだから、76周走れればすごいことだよ。今朝はクリーンだったし、しっかりと走り込めたから自信にもつながった。すでにマシンに乗ってとても快適に感じている」

オリバー・ターベイ(テスト兼開発ドライバー)

「今日の午後に臨んだ走行の出来は満足している。マシンで時間を過ごせるのはうれしい。チームとはファクトリーのシミュレーターでかなりの作業に取り組んでいるから、常にコースでそれらの相関を確かめたいと思っている。バルセロナを走れるというのも最高のチャンスだ。テストコースとしてはベストのひとつだし、新しいターマックになっていることを考えると新しい表面の感触を得る上でもいいことだ。今日はピレリとタイヤプログラムに取り組み、非公開のプログラムではあるけれど、燃料を重くしてショートランもできたし、マシンの感触をつかんだりタイヤ交換したりもできた。感触はとてもいい。いくつかのエリアはかなり似通っているけど、シミュレーターとは少し違うところもある。だからこそ、こういう日はとても有益なんだ。これでシミュレーターに戻って違いを比べられるからね。変わらない部分の感触については印象的だった。ルノーエンジンになってからドライブするのは初めてだったし、昨年と比べて違いをはっきりと感じられる。数周を走っていたのも利点だね。前回、僕がアブダビで走ってからマシンは大きく変わっている。コースごとの比較は難しいけれど、昨年からマシンが進歩しているのは実感している。ダウンフォースとグリップのレベルが高くなっているし、ドライブするのに素晴らしいマシンになっている」

エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「今日は2台のマシンでテストに臨み、堅実な1日を過ごした。さまざまなセットアップの構成をテストしたり確認したり、それを変えたりと、そういった機会を得たかったので、ストフェルのプログラムは少しスローだったが、午前の終盤にはコース上での走行プランに素早く戻れた。先週末からの学習を進めるため、新しい空力パッケージに関する有益なデータを大量に集められたので、この先、数レースに向けて開発をプッシュする役に立ってくれるだろう。また、今シーズン初めての走行に臨んだランドとオリバーの2人がMCL33でしっかりと走り込めたこともポジティブだ。彼らにとってはいい経験になるし、チームにとっては有益なフィードバックを得られる。明日のマクラーレンのプログラムは今日と同じだが、ストフェルの作業をランドが引き継ぎ、モナコに向かう前にアップデート型パッケージでさらに貴重なテストを進める。一方で、ストフェルはもう1台のステアリングを握り、ピレリと共にタイヤテストに取り組む予定だ」

© ESPN Sports Media Ltd.