McLaren

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

アロンソが冬季トレーニングメニューを公開

Jim
2018年2月13日 « ルノーがeスポーツのレーシングチームを立ち上げ | フェラーリから0.5秒差を目指すハースF1 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

マクラーレンのフェルナンド・アロンソはソーシャルメディアに冬季のトレーニングメニューを公開し、2018年シーズン開幕に向けて準備万端の様子を明かした。

アロンソは2月末に迫るプレシーズンテストで初めてマクラーレンの新車MCL33をドライブすることになっており、この2カ月半は新シーズンに備えて準備を進めてきた。

昨年12月1日以降、アロンソはバイクで1,820km、437kmのランニング、水泳は59km、ジムとスポーツで60時間、ゴーカートに30時間を費やしたといい、1月末に参戦したデイトナ24時間レースにも触れている。

アロンソは「この数週間は準備に超多忙だった。今年は新シーズンに向けてかなりハードなトレーニングになっているんだ。マクラーレンのファクトリーに行って新車に会うのが金曜日、新しいマクラーレンをお披露目するまであと1週間。チームが恋しいし、メカニックやエンジニアたちみんなが恋しいよ。金曜日にみんなに会えるのを本当に楽しみにしている。ワクワクするし、ものすごくハッピー。準備は万端さ。100%完璧にね」と明かした。

競争力に欠けるエンジンを積んで中団グループに埋もれること3年、アロンソはルノーエンジンに切り替える今季のマクラーレンが再び表彰台に挑戦できることを願っている。また、F1シーズンのフル参戦に加えて、トヨタと契約して世界耐久選手権(WEC)にも参戦するアロンソはこれまでで最も過酷な1年に挑戦する。

© ESPN Sports Media Ltd.