McLaren

/ News

  • マクラーレン・ルノー

2018年、マクラーレン・ルノー誕生へ

Jim / Kohei Saito
2017年9月15日 « 2018年よりHondaとトロ・ロッソがパートナーに | サインツのルノー入りが決定! »
© Mirko Stange/Sutton Images
拡大

15日(金)、3年間の苦境を経てHondaとの別れを決意したマクラーレンが新たなパワーユニット供給元としてルノーと契約したことを発表した。

ルノーもまた、トロ・ロッソとの提携を解消しており、トロ・ロッソがHondaと組んで来季からF1グリッドに並ぶことも極まっている。

ルノーとマクラーレンの契約期間は2018年から3年間とのこと。

シェイク・モハメド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ(マクラーレングループ エグゼクティブチェアマン兼執行委員会代表)

「マクラーレンと同じく、ルノーもそのDNAにおいてF1が深く根ざしている企業だ。1977年、彼らは近代F1において初めてターボチャージ・コンセプトを持ち込み、ターボ時代やそれ以外の時代も含めてグランプリで勝利してきた。F1における彼らは先駆者であり、常に新たなテクノロジーを進化させてきた。ルノーエンジンを搭載したマクラーレンはF1における新鮮でエキサイティングなコンセプトであるが、最も重要なのはこのパートナーシップが他のルノーエンジン搭載チームと競争する平等な機会を与えてくれるという点だ。2018年に向けて競争力の高い勢力となるため、マクラーレンにはモチベーションと熱意、リソースが揃っている。そして、ルノーエンジンはわれわれが飛躍的なグリッド上昇を遂げる能力を与えてくれるだろう。本日の発表は、マクラーレンにおける新しい章の始まりだ。一緒に仕事を始めるのが待ちきれない」

ザク・ブラウン(マクラーレン・テクノロジー・グループ エグゼクティブディレクター)

「本日の発表により、2018年に向けたわれわれのシャシーおよび技術的プログラムについて、一切の躊躇なく前進するために必要な安定を与えられた。組織としてのマクラーレンは、テクニカルサプライヤーとともに継続的なパートナーシップを維持するべく常に多大な努力を重ねている。われわれはルノー・スポール・レーシングに対して真の価値をもたらすことができると確信しており、われわれは彼らの現行パワーユニットを定期的にレースで優勝させるための開発作業に共に取り組んでいく」

ジェローム・ストロール(ルノー・スポール・レーシング会長)

「これはルノー・スポール・レーシングにとって極めて重要な決断だ。ルノーとマクラーレンが提携するのは今回が初めてであり、彼らのようなF1での非常に豊かな歴史を持つチームと合意に達することができて誇りに感じている。この提携は技術的およびスポーツの面だけにとどまらず、マーケティングやコミュニケーション面でも利益をもたらすだろう。マクラーレンがトラック上でわれわれをハードにプッシュしてくるはずだと理解しており、この競争は全ての人々にとって有益なものとなるだろう」

シリル・アビテブール(ルノー・スポール・レーシング マネジングディレクター)

「ルノー・スポール・レーシングとマクラーレン・レーシングの新たな提携を発表でき、うれしく思うと共に、F1における2つの歴史的ブランドが初めて連携するという新しい関係のスタートに興奮している。今回の契約は2020年には勝てる位置につくことを目標としたわれわれの中期的戦略に完全に合致している。来年のマクラーレンに掲げられるルノーブランドを目撃すること、そしてコース上で共に戦っていくことを楽しみにしている。マクラーレンは、われわれのエンジン開発に捧げる努力をサポートしてくれるだけでなく、進行しているシャシーオペレーションの参考とお手本になる2人の優秀なドライバーを擁する感動的なチームだ。栄光を取り戻そうと貪欲に闘うチャンピオンシップ覇者チームのエキサイティングな新しい始まりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.