McLaren

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

アロンソ、ハミルトンのポール記録はマシンのおかげ

Jim
2017年8月30日 « ベッテルと最終戦まで争うことになるとハミルトン | タイトルコンテンダーとの間に実力差はないとリカルド »
© Steven Tee/LAT/Sutton Images
拡大

マクラーレンのフェルナンド・アロンソはスパ・フランコルシャンで歴代最多タイに並んだルイス・ハミルトンの"驚異的な"ポールポジション獲得回数を称賛しながらも、長年優位を誇るマシンに乗れている点も指摘している。

キャリア200戦目の記念レースを前に、2006年にミハエル・シューマッハが記録した68回のポールポジション記録に並んだハミルトンはV6ターボエンジン時代に突入した2014年以来、支配を続けるメルセデスマシンに恵まれてきた。ハミルトンがこの間に記録したポールポジションは実に42回に上る。

2015年と2016年は最も多くポールシッターに輝いたドライバーに送られるFIAポールトロフィを手に入れたハミルトン。今年は12戦を終えてすでに7回マークしている。アロンソはポールを取れるマシンがある状況ならば、先頭グリッドから多くスタートできるようにハイレベルのパフォーマンスが求められるのだと話している。

ベルギーでのハミルトンの記録達成について聞かれたアロンソは「めでたいね。ポールポジション記録はすごい数字だ」とコメント。

「土曜日の数字としては驚異的だし、ああいう圧倒的なマシンに乗って過ごしてきた数年の良いメリットだね。支配的なマシンがあるなら、それをしっかりと機能させないといけない。彼はそれをやり遂げているから、おめでとうと言いたい」

ハミルトンはおそらく2017年シーズンの残るレースでシューマッハの数字を超えていくだろう。また、ベルギーGPを制したハミルトンの勝利によってシューマッハが持つもうひとつの記録にも近づいたと言えるが、それでも通算58勝のハミルトンが91勝を成し遂げたシューマッハの歴代最多勝利数に迫るにはまだもう少し長い道のりがある。

現役ドライバーの中ではハミルトンのライバルであるセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が45勝を挙げており、ランキング3位につけるアラン・プロストの記録まであと5勝に迫っている。ベッテルのポール回数は20回とハミルトンに比べて48回少ない。

© ESPN Sports Media Ltd.