McLaren

/ News

  • マクラーレン

マクラーレン・ホンダ、オーストリアに新PUを投入

M.S.
2017年7月4日 « ロズベルグ、ウェバーらがバクーの一件にコメント | ベッテルがFIAに謝罪、制裁は免れる »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

マクラーレンはHondaが両マシンにアップグレードされた"スペック3"のエンジンを持ち込む今週末のオーストリアGPに前進を期待している。

アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行にてフェルナンド・アロンソのマシンにアップデートされたパワーユニットを積んでテストを行ったマクラーレンとHondaは、ペナルティによりグリッド後方からスタートすることが決っていたことからバクーでの新スペック導入を見送った。しかしながら、バクー以降で継続してきた作業に基づき、Hondaはオーストリアでアロンソとストフェル・バンドールンの両名が新型エンジンの恩恵を受けることになると認めている。

HondaのF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏は次のように語った。

「前戦アゼルバイジャンでは今年初めてのポイントを取ることができ、それがわれわれのチームに明るさをもたらしていると思います。また、アップデートしたPU、スペック3をフェルナンドと共に金曜日にテストし、出力の部分で前進が確認できました。ファクトリーに戻ってから集まったデータを活用してマッピングの部分を進めてきましたし、今週末は両ドライバーにスペック3を投入できます」

「競争力の面で進展があったと思いますし、オーストリアでわれわれのパフォーマンスを見るのが楽しみです。最後の瞬間まで準備作業を止めるつもりはありません。われわれの進展を反映する良いレースができることを願っています」

マクラーレンとHondaの将来のパートナーシップについては不確かな要素がある中、後者にはF1の夏休みまでに結果を出すというプレッシャーがかかっている。ここ数週間で最も厳しくHondaを批判してきた一人であるレーシングディレクターのエリック・ブーリエは、アップデートによってこれまでより上のグリッドにつけることを望んでいるという。

「Hondaが持ち込むスペック3の新しいパワーユニットだけではなく、オーストリアの週末に予定されている数々の進展と共に、他の中団メンバーの中につけて有益な前進ができることを願っている」とブーリエは述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.