McLaren

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

ヒンチクリフ、「ライバル」アロンソを語る

Me
2017年5月19日 « ブラウンの傘下に3人のエキスパートが加わる | ハースが新カラーリングを公開 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

フェルナンド・アロンソのインディ500参戦について、インディカードライバーたちは、"最も偉大なリビング・レース・ドライバー"の1人と一緒に走れることを光栄に思っていると昨年のポールウイナー、ジェームズ・ヒンチクリフが語った。

マクラーレン・ホンダ・アンドレッティとして初めてのインディ500に挑んでいるアロンソはここまでに4日間のプラクティスを終えた。3日目と4日目は4番手の速さを見せており、2度のワールドチャンピオンはインディアナポリス・モーター・スピードウェイでなかなか有望なスタートを切っている。

共にインディ500を戦う32人のドライバーたちの間でアロンソの参戦に対する反応はどうなのかと『ESPN』が質問すると、ヒンチクリフは次のように語った。「彼ほどの実績と人気を持つ人が来てくれるなんて、とにかくみんなワクワクしている。彼はリビング・レース・ドライバーとしてはトップクラスに挙げられるほどのドライバーなんだからね」

「そんな人と同じレースコースを走れるなんて、多くの意味で名誉なことだ。彼が普段いるところとは全く違う僕らの世界を彼に紹介できるということを、みんなすごく楽しみにしている」

アロンソのエントリー実現への道を開いたのは、マクラーレンのF1シーズンが破滅的なスタートとなったことだった。その背景にはいくらか同情すべき点もあるとしながらも、アロンソが5月28日(日)にアイコニックなオーバールレースで戦う意味は大きいとヒンチクリフはいう。

「これほどの名声を持ち、現役のF1ドライバーである彼が、彼らにとってすごく重要なイベントを休んでまで僕らのレースに参加してくれるというのは、レース界にとってすごく大きいよ。僕らがいつも強調しているインディ500の意義を裏付けてくれる。それに、間違いなく新規の観衆を多く引きつけてくれるしね。レース好きだけど、500に限らずインディカーを見る機会や理由が今までなかったという人が見てくれるようになる。そうしたらきっと、その人は生涯のファンになってくれるはずだよ」

「僕らはみんな、500だけじゃなく、このレースとシリーズ全体についてすごく情熱を持っているんだ。それをこのスポーツやスポーツの歴史の学徒である誰かと共有できるのは素晴らしいことだ」

アロンソが今回のレースで成功すれば、今後インディアナポリスで戦ってみようと考えるトップドライバーが他にも現れるのではないかとヒンチクリフは期待している。

「実のところ、今回のことは珍しい状況が組み合わさって実現したことだ。自分のチャンピオンシップを休んで挑戦することを希望し、それを許されるドライバーはそう多くない。フェルナンドの状況はとても珍しいよ」

「だけど、もしかしたらこれからはスケジュールがちょうど空いているとか、何らかの理由でフルタイムで戦っていないというようなドライバーが、ああ、これもありかなって頭に思い浮かべてくれるかもしれない。これで彼がいい走りを見せればなおさらだよ。そうすれば(将来的に)500に出ることを検討したり、挑戦し出したりするドライバーがもっと増えるんじゃないかな」

© ESPN Sports Media Ltd.