McLaren

/ News

  • マクラーレン

アロンソはシーズン中にチームを去りかねないとウェバー

M.S.
2017年3月28日 « ラウダ、ボッタス初戦は「センセーショナル」 | オーバーテイクの難しさを確認したドライバーたち »
© Sutton Images
拡大

元F1ドライバーのマーク・ウェバーはマクラーレンとHondaの現在の状況にフラストレーションを抱えるフェルナンド・アロンソが果たして2017年を最後まで持ちこたえるのか疑問に思っている。

オーストラリアGP決勝レースの終盤にリタイアを強いられたアロンソは、レースの大部分で10番手を走行していたにもかかわらず、チームの現在の位置は最後尾だと断じていた。数々のトラブルに見舞われたプレシーズンテストの後、マクラーレンはやや出遅れた状態でシーズン開幕を迎えている。

2013年でF1を引退し、今は『Channel 4(チャンネル4)』のアナリストを務めるウェバーは、友人でもあるアロンソの忍耐力はすり減っているのではないかと示唆した。

マクラーレンについての話の中で、ウェバーは「もしかしたらフェルナンドはシーズンの最後まではいないかもね・・・」とベルギーのニュース通信社『Sporza(スポルザ)』に語った。

どういう意味かと問われると、ウェバーは「フェルナンドが1年の最後まではやらないかもしれないってことさ。彼はひどくフラストレーションを抱えている。彼は7位や6位フィニッシュでさえ望んでいないのに」と返答。

「ストフェル(バンドールン/マクラーレン)は違うよ。もしかしたらポイント獲得だって彼にとってはすごくいいことかも。フェルナンドは得点なんかに興味はない。彼は表彰台争いを望んでいる。だから、彼は精神的に自分の望む位置から遠く、ものすごく遠く離れているんだ」

2015年にHondaと再タッグを組むまで、マクラーレンはメルセデスのエンジンを使用していた。今冬にホンダエンジンが抱えた問題の深刻さから、マクラーレンが旧サプライヤーであるメルセデスとコンタクトを取ったとの報道も以前になされている。マクラーレンとHondaはメルボルンで一致団結し、このうわさをきっぱりと否定した。

エンジンルールが変わってから1年が過ぎた2015年にターボV6時代に参入したHondaは、これまで2シーズンの間は他チームと同様、エンジントークシステムによって限定的な開発しか行なうことができなかった。しかしながら、今季に先立って同システムは撤廃されており、グリッドの先頭に返り咲くチャンスがひらかれている。これを受け、メルセデスが先駆けとなったスプリットターボデザインを含む抜本的な再設計を実施したHondaだが、まだ期待される位置には届いていない。

© ESPN Sports Media Ltd.