McLaren

/ News

  • マクラーレン

マクラーレン、オレンジ&ブラックに生まれ変わる

Me
2017年2月24日 « フェラーリがオンラインでSF70Hを初公開 | フェラーリSF70H、初走行を完了 »
© McLaren
拡大

マクラーレンが過去20年のカラーリングに別れを告げ、レトロオレンジとブラックを2017年型マシンMCL32に採用した。

オレンジというのはマクラーレンがモーターレースを始めた初期の頃に使用していたカラーで、ロン・デニスの離脱とザク・ブラウンのエグゼクティブディレクター就任以来、その復活がささかやれていた。デニス時代との決別はこれだけではない。マールボロ・プロジェクト4を意味し、1981年から型名の頭に必ず付けられていた"MP4"が消え――新しくMCLという呼び方が採用された。

マシンには今年の特徴となっている長いシャークフィンが搭載されている。また注目に値するのは小さなサイドポッドのエアインテークインレットだ。ドライバー頭上に位置するエアボックスもこれまで発表されている他の新モデルと比べてはるかに小さい。

Hondaとのパートナーシップは3年目を迎えたが、1980年代後半や1990年代初めの栄光を再現するにはまだ至らず、HondaのF1復帰以来初めての表彰台や勝利に期待がかかる。

チームで3シーズン目を迎えるフェルナンド・アロンソの隣には、2015年のGP2チャンピオンでジュニアドライバープログラムを卒業したストフェル・バンドールンが並ぶ。バンドールンは昨年のバーレーンGPでアロンソの代役としてレースデビューを果たし、9位入賞を達成した。

© ESPN Sports Media Ltd.