McLaren

/ News

  • マクラーレン

マクラーレンのジュニアプログラムにノリスが仲間入り

Me
2017年2月22日 « ルノーがブラウンGPの再来に懐疑的な理由 | フォース・インディアが新車VJM10を公開 »
© Rubio/Sutton
拡大

昇格したストフェル・バンドールンの後任として、マクラーレンが17歳のイギリス人ドライバー、ランド・ノリスと若手ドライバープログラム契約を結んだ。

ノリスはジュニアランクで急浮上して注目される若手の1人で、カートの最年少ワールドチャンピオンになった後はイギリス・フォーミュラ4で2015年のタイトルを取り、2016年はトヨタ・レーシングシリーズ・チャンピオンシップで圧勝した。彼はユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0とフォーミュラ・ルノー2.0 NECでも圧倒的強さを示し、それによって2016年のマクラーレン・オートスポーツBRDCアワードを獲得。これはダリオ・フランキッティとジェンソン・バトンが獲得している賞だ。ノリスはカーリンチームで今年のヨーロッパ・フォーミュラ3シリーズに参戦することになる。

バンドールンがシニアチームに昇格したことを受け、マクラーレンは22日(水)に新たなメンバーの加入を発表した。松下信治、ニック・デ・フリースと肩を並べることになったノリスをエグゼクティブディレクターのザク・ブラウンは歓迎した。

「ランドは途方もない可能性を秘めたドライバーだ」とブラウンは述べた。「彼は昨年、1つだけでなく3つの配点コンペティティブなレースシリーズでライバルのドアを吹き飛ばし、文句なしでマクラーレン・オートスポーツBRDCアワードを獲得した」

「実に成熟したパフォーマンスであり、今年はわれわれのシミュレーションチームの一員として成長を見守りたいと考えている。そこで技術的フィードバック能力を磨き、改善しながらわれわれのF1キャンペーンにも直接的に重要な貢献をしてもらうことになる」

マクラーレンには若手ドライバーをF1に導いてきた立派な歴史気があり、中でも最も有名なのが3度のワールドチャンピオン、ルイス・ハミルトンだ。若手ドライバープログラムはますます強くなっているとレーシングディレクターのエリック・ブーリエはいう。

「マクラーレン・ホンダの若手ドライバープログラムが才能ある若手ドライバーの発掘に成果を挙げていることに私は大変興奮している。初めはケビン(マグヌッセン)、次にストフェルがグランプリドライバーになるという夢をかなえたというのはわれわれのプログラムの成功の証しだ。プログラムは比較的最近作られたものではあるが、われわれはこれまで数十年にわたって有望な若手に成熟と発展の機会を提供してきた」

松下は今年もARTグランプリでGP2シリーズを戦う。オランダ人のデ・フリースについては2017年の参戦先を検討中とのことで、オリバー・ターベイがチームのテスト兼開発ドライバーとしてチームに残ることも発表されている。

© ESPN Sports Media Ltd.