McLaren

/ News

  • マクラーレン

マクラーレンは当面「執行委員会」が運営

Me
2016年11月16日 « レッドブルの判断ミスは分かっていたとロズベルグ | ウエットタイヤの改善を期待するロズベルグ »
© Sutton Images
拡大

元CEOとなったロン・デニスの後任が見つかるまでの当面の間、マクラーレンの運営は多数株主から成る執行委員会が暫定的に引き継ぐことになった。

15日(火)夕、マクラーレン・テクノロジー・グループはデニス自身が発表した声明通り、彼がもはやCEOではなくなったことを認めた。35年にわたってマクラーレンのボスとして君臨したデニスは、株主仲間から"ガーデニング休暇"を取るよう"強行採決"されたと主張しており、彼らの決定への失望をあらわにしている。

デニスは今でも会社株式の25%を保有しているが、後任が決まるまでの間は同じ株主のマンスール・オジェ(25%を保有)とバーレーン政府系ファンド『Mumtalakat(マムタラカト)』(50%を保有)が会社を管理する。

「本日午後現在、ロン・デニスはマクラーレン・テクノロジー・グループ(またはその子会社)のチーフ・エグゼクティブ・オフィサー(CEO)ではなくなっている」とグループの声明には記されている。「しかしながら、彼は今もマクラーレン・テクノロジー・グループの株主であり、役員だ」

「これまでの35年間にわたりロンが行ってきたマクラーレンの成功に対する貢献は巨大だった。彼の在任中にチームは17のワールドチャンピオンシップと158のグランプリに勝利しており、彼はF1史上最も成功を収めたリーダーとなった。会社創設者のブルース・マクラーレンと同様、ロンは今も、そしてこれからもスポーツに残る真の偉人の1人として名を残すだろう」

「マクラーレン・テクノロジー・グループは現在、新CEOを探すプロセスにいる。そのような任命がなされるまでは、グループの多数株主と取締役会、シニアマネジメントチームが密接に連携した執行委員会によって会社の運営が行われる。彼らは皆、会社、パートナー、従業員とそのファンに全てをコミットする者たちであり、将来の繁栄を目指してわれわれが持つ多数の長所を強化したいという情熱的決意を共有する者たちだ」

後任候補としてはアメリカ人実業家ザック・ブラウンの名前が挙がっているが、彼は9月にCSMスポーツ&エンターテイメントのCEOを退任して以降、今後のプランを明らかにしてない。彼がF1の経営権取得を進めている『Liberty Media(リバティ・メディア)』で何らかの役職に就くとのうわさも聞かれる。

元メルセデス代表のロス・ブラウンの名前も聞こえてくるが、彼は『ESPN』が行った最近のインタビューでF1チームで再び働くつもりはないと明言した。

© ESPN Sports Media Ltd.