McLaren

/ News

© Andre/Sutton
拡大

マクラーレンのジェンソン・バトンは日本GP決勝レースを最後尾からスタートする。チームとHondaはバトン車に新しいアップデート型のパワーユニットを搭載することに決め、35グリッド降格処分を受けたのだ。

もともとの計画ではホームグランプリの鈴鹿でペナルティを回避すべく、バトンが最新スペックを投入するのはUS GPまで待つ予定だったが、予選で17番手に終わったことを受けて、Hondaはオースティンではなく鈴鹿でペナルティを消費すると同時に少しでも好パフォーマンスにつながるよう最新スペック投入を決断した。

これでバトンはフェルナンド・アロンソがマレーシアで試していた耐久性の向上したエンジンブロックを手に入れる。今回のエンジン交換により、バトンのパワーユニットエレメントはすべてが6基目に達した。今季はドライバーあたり5基のエンジンコンポーネント使用が認められている。

信頼性に不具合が生じない限り、バトンのエンジン交換はこれが今シーズン最後になるものと思われる。

© ESPN Sports Media Ltd.