McLaren

/ News

  • マクラーレン

アロンソ、「タイヤ交換を求めただけ」

Jim
2016年6月13日 « 不振の理由を語るライコネン | 風向きの突然の変化に驚くハミルトン »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

マクラーレンのフェルナンド・アロンソはカナダGP終盤に発した無線でのメッセージについて、リタイアを求めていたのではなく、ポイント圏外を走っていたため、もう一度ピットに入りたいと要請していたのだと説明した。

レース終盤、11番手を走っていたアロンソがマシンをストップさせることを求めるような発言をチームに伝える様子がテレビ中継で流された。マクラーレンはセーフティカー導入や上位勢のリタイアがあればポイント獲得の可能性があったことからアロンソの要請を却下。その返答を聞いたアロンソは明らかにフラストレーションを抱えている様子だった。

昨シーズンにはレース中の無線通信でホンダエンジンを"GP2エンジン"と評して批判するなど、アロンソの無線の発言が注目を浴びることが多いが、今回のケースは新しいタイヤを要求しただけであり、タイヤを交換することで終盤にプッシュできると考えたからだと説明している。また、カナダの一戦を「すべてのレースの中で一番退屈だった」ともアロンソは語った。

「今日はペースがなかったから、ポイント圏外にいた。あの時は同じタイヤセットで55周くらい走っていたし、周りの人たちは2ストップして3秒近く速いペースだったから全然楽しくなかった。ストップできるんじゃないのって言ったんだ。そうしたらクイックラップを走っていくらか楽しめると思ったから」

「ただ、11番手にいたからポイントにかなり近くて、最後の1点を取れるかもしれないチャンスもあったし。ファイナルラップのロズベルグの件(スピン)があったでしょ。だから、かなり近かったんだ。結局はポイントに届かなかったけど、(ストップしなかったのは)正しい判断だったと思っている」

マシンに何か問題があったのかと問われると、アロンソは「ない、ない。何もないよ。ただタイヤが古かっただけ。あんな風なスティントを走っていたのは僕たちだけだったんじゃないかな。燃料を温存しないといけなかったり、ペースが2秒遅かったり、50周も走ったタイヤを履いていたら、そりゃドライブも楽しくないさ」と答えている。

予選でトップ10入りを果たしたことに励まされたというアロンソだが、入賞を外れた位置での単独レースにグランプリ中のムードが削がれたと認めた。

「完全にドライだったら速くないことは分かっていたし、僕たちのセッティングは雨が降ったら競争力を発揮できるようになっていた。14番手に下がった時、すぐにセーフティカーが入ることも黄旗が振られることもないだろうって思った。後方を走っていればそう思ってしまうもの。どのレースよりも一番退屈だった」

© ESPN Sports Media Ltd.