McLaren

/ News

  • ストフェル・バンドールン

バンドールンのスーパーフォーミュラ参戦が決定

Me
2016年2月12日 « フェラーリ、今季のエンジンサウンドを公開 | ウェーレインとオコンの実力を褒めるウォルフ »
© Schneider/Sutton
拡大

GP2チャンピオンでマクラーレンリザーブドライバーのストフェル・バンドールンが今年の全日本スーパーフォーミュラ選手権で戦うことになった。

ファンドーネは昨年のGP2選手権を圧倒的な成績で制したが、マクラーレンのレースシートはフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンの2人で埋まっているため、チームは彼にリザーブの役割を用意した。その傍ら、レース感覚を維持するためにバンドールンは日本でスーパーフォーミュラのシーズンに参戦することになった。

「待たせしてしまったけど、Docomo Team Dandelion Racingで今年はスーパーフォーミュラでレースをすることが決まったよ!」とバンドールンは報告した。

2016年は元F1ドライバーの小林可夢偉、中嶋一貴、ナレイン・カーティケヤンのシートが決定済み。ル・マンのエースでケータハムからF1に1戦だけ参戦したアンドレ・ロッテラーもいる。ロッテラーは昨年のチャンピオンシップでランキング3位に入った。

スーパーフォーミュラのシャシーはダラーラ・オートモービル製で、エンジンはHondaとトヨタのエンジンが供給している。昨年の開幕戦のポールポジションタイムは、2015年の日本GPでマノー・マルシャのウィル・スティーブンスが出した予選タイムを上回るものだった。

© ESPN Sports Media Ltd.