McLaren

/ News

  • ブラジルGP - マクラーレン - 決勝

来季の躍進を信じて耐えるマクラーレンコンビ

Me / Jim
2015年11月16日 « FIA、規約違反でマッサの結果をはく奪 | 3ストッパーのメルセデスが1-2 »
© Sutton Images
拡大

シーズン第18戦ブラジルGP決勝レースをマクラーレンのジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソは14位と15位で完走した。

バトンとアロンソの暫定結果は15位と16位だったが、ウィリアムズのフェリペ・マッサがレース前のタイヤのトレッド温度違反によってレース結果から除外されたため、それぞれ順位が繰り上がっている。

以下、マクラーレンのレース後談話はマッサの処分が下される前に発表されたものである。

フェルナンド・アロンソ

「最近のレースではリタイアに苦しんでいたから、今日の僕らの一番のプライオリティはフィニッシュすることだった。2台ともチェッカーフラッグを受けて、データを収集できたというのはいいニュースだよ。来年に向けて、特にシャシー面でいいデータが得られた。これが前進のための最善の方法だ。空力的にシャシーはすでに大きく改善している。コーナーのスピードがいい。でも、僕らにはまだパワーが足りない。残念ながらクルマはスタートで100%機能している状態じゃなかった。ギアによってパワーが違うクルマをドライブするのは時々不思議な感じがするよ。時にはあるギアを避けて走らないといけないこともあった。たぶん、予選後に新品のエンジンを載せて、セットアップの時間がまったくなかったからだと思う。とにかく、2015年のレースはあと1つだけ。2016年に100%の状態で仕事を始めるのが待ち切れないよ」

ジェンソン・バトン

「15位で喜べるはずがないけど、レース自体はそこそこ楽しめた。クルマをプッシュできたし、コーナーではほかの人たちと戦えた。自分たちの弱点がどこかは分かっているんだから、ポジティブな面に集中しよう。今日は走っていてクルマの感触が興味深かった。信頼性はあり、入賞圏から12秒遅れで終わったけど、それでも思ったよりは近かったんじゃないかな。OK、先頭に大差をつけられていることは認めよう――彼らにパスされる時はその速さに恐怖すら感じるほどだ。特にストレートではね。でも、中団勢として考えれば、僕らはコーナーでは結構コンペティティブだ。そこはちょっと楽しめる。火曜日にはファクトリーに戻るから、クルマの開発をさらに続けたいね。まだ改善の余地は大いにあるけど、正しい方向に進んでいる手応えはある。そこは期待できるし、自分がインプットできるのを楽しんでいるんだ。僕は、ロン(デニス)と彼のリーダーシップに対し、それからウォーキングとさくらにいるチームに対して強い信頼を置いている。みんなハードにプッシュしている。冬の間に必ず大きな進歩を遂げるよ。来シーズンが本当に楽しみだ。僕らは一生懸命に仕事をしている。今までにほかのどのチームよりも多くのパーツを製造したはずだし、それらは機能している。ここでも新しいフロントウイングを使ったから、火曜日にMTC(マクラーレン・テクノロジー・センター)に戻ってデータを分析し、それが前進につながったかを確認したい。実感としてはすでにあるんだけどね。できれば次のレースのアブダビでは、もう少しいいところを見せたいね」

エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「過去に、他のどのチームよりも多い12回もブラジルGPを制しているチームにとって、15位と16位だった今日の結果は当然ながら到底受け入れられるものではない。しかしながら、今回もまた、ジェンソンとフェルナンドが実に力強く、実に巧みに走り、状況に立ち向かっていったが、彼らの努力は上り坂のメインストレートで妥協を強いられた。メインストレートはずっとマシンの持つパフォーマンスを最適化するのに不利だった。とはいえ、彼らが載せたHondaのパワーユニットは規則正しく機能し、レースを通して一切の信頼性が揺らぐことはなかったので、この称賛すべき偉業はわれわれが将来築いていくであろう強固かつ堅実で発展的なプラットフォームを意味している」

新井康久氏(株式会社本田技術研究所 専務執行役員 F1プロジェクト総責任者)

「初めに、今日のレースのためにFIAの協力を得てフェルナンドのマシンを準備してくれたマクラーレン・ホンダのメカニックたち、エンジニアたちへの感謝を述べたいと思います。レース自体はプラクティスセッションほどイベントフルなものではありませんでした。大部分のマシンがスタートと同じ位置でフィニッシュし、われわれは15位と16位でした。われわれが中団勢と戦うためにはレース週末の3日間をフルに利用し、マシンとパワーユニットの両方をセットアップできるようにしなければなりません。しかし、ブラジルGPではこの貴重な時間のほとんどを失ってしまいました。2015年のラストレースはアブダビ――1年前にマクラーレン・ホンダが結束した場所です。自分たちの進歩を示し、現在の能力を最大限に発揮することが重要になります」

© ESPN Sports Media Ltd.