McLaren

/ News

© Sutton Images
拡大

2016年にエンジンをレッドブルに供給する案について、Hondaはチームと話し合っている最中だという。しかし、このタイアップについてマクラーレンはいい顔をしていない。

マクラーレンとの独占契約を結び、今年からF1に復帰したHondaの下に、レッドブルからのアプローチがあったのは最近のこと。レッドブルには来シーズンのはっきりした契約がない状況だ。マクラーレンは反対の立場を明確にしているが、HondaのF1プロジェクト総責任者である新井康久氏は交渉をまだ続けていると述べている。

「当然ながら、この時点で詳細を明らかにするできません」と彼は述べた。「チームからのアプローチはありましたが、議論は進行中で、決定されたことは何もありません。私が今季ずっと言い続けているように、われわれは常にオープンな立場です。ですから、議論を進めているだけ――そういうことです」

フェラーリとメルセデスにすでに断られているレッドブルにとって、Honda以外に残された選択肢はルノーしかない。しかし、ルノーの今後の計画は依然として不透明なままだ。

© ESPN Sports Media Ltd.