McLaren

/ News

  • マクラーレン

パフォーマンス向上に切り替えるHonda

Me
2015年7月10日 « 戦略グループ案のFIA承認を待つHonda | ウィンブルドンを値踏みしていたエクレストン »
© Sutton Images
拡大

シーズン後半でHondaは信頼性よりもパフォーマンスの向上に焦点を切り替えていくという。

再タッグを組んだマクラーレンとHondaにとって、シーズン前半は信頼性が悩みの種だった。フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンはシーズンの半分も終わらないうちにエンジンペナルティーを科されてしまっている。第9戦を終えての獲得ポイントは5ポイント。チームはこれまでパフォーマンスよりも信頼性に重きを置き、レースをテスト代わりに利用していた。

しかし、HondaのF1プロジェクト総責任者、新井康久氏は信頼性の面で最大の難関は乗り越えたと確信する。

「シーズン前半が終わり、後半では次のステップを踏み出したいと考えています」と新井氏は述べた。「マクラーレンにはショートノーズの新しい空力パッケージがありますし、われわれはシーズン後半でパワーユニットをアップデートし、競争力をつけて先頭を追いかけたいですね」

それはつまり、焦点をエンジンパフォーマンスに切り替えたということかと尋ねると、新井氏はこう付け加えた。「そうです。パフォーマンスをもっと引き出していきます。信頼性はほとんど修正できましたが、毎日のように小さな問題が飛び出してきます。しかし、とにかくフィニッシュすることを重視しました。これからは競争力を得るためのパワーサイドに目を向けていきます」

ここ数戦、マクラーレンはHondaへのプレッシャーを強めていることを認めている。Hondaは未使用のトークンを7つ残しているが、その使用時期について新井氏は明言を避けた。

「それはトップシークレットのようなものです」と言って彼は笑った。「トークンを使って、パワーと信頼性をより高めるためのアイデアはたくさん持っていますよ」

© ESPN Sports Media Ltd.