McLaren

/ News

  • マクラーレン

「リスキー」な移籍に今も満足なアロンソ

M.S.
2015年6月8日 « シューマッハの息子、2戦目で右腕骨折 | アリバベーネ、消えた表彰台に言い訳なし »
移籍に後悔はないと言うアロンソ © Sutton Images
拡大
関連リンク

カナダGP決勝で初めてフラストレーションの兆しを見せたフェルナンド・アロンソだが、将来については楽観しているという。

決勝中に燃料をセーブしなければ大きな問題につながりかねないと告げられたアロンソは、「大きな問題なら今だって抱えてる! こんなドライビング、まるでアマチュアみたいじゃないか。僕はレースをする。燃料のことは後で集中するから」と応じていた。

モントリオールでは、ある記者がパワーと信頼性に欠ける現状に触れて「あなたはこんなもののためにサインしたのではないのでは?」とアロンソに尋ねている。

実際、カナダはマクラーレン・ホンダにとって悲惨な結果になったものの、マクラーレングルプCEOのロン・デニスはオーストリアGPに予定しているアップグレードでチームが"何人かを驚かせる"だろうと語っていた。

また、アロンソ自身もフェラーリからマクラーレンへの移籍に後悔はないと話している。たとえ、バーニー・エクレストンによって再度タイトルを獲得する可能性について"ノー"と断じられても、だ。

「(フェラーリで)レースで5位や6位になって、チャンピオンシップで3位になり、僕らはリスキーな決断を下した。マクラーレン・ホンダへ行くという決断だ」

「今はその代償を払っているけれど、もし移籍しなければ5位や6位だったわけだ。僕はハッピーだし、将来については楽観している。前はなかったことだ」とアロンソは『El Confidencial(エル・コンフィデンシャル)』紙に語った。

© ESPN Sports Media Ltd.