McLaren

/ News

  • マクラーレン

コンポーネント交換でバトンにドライブスルー処分

Jim
2015年6月8日 « 予選パフォーマンスに「イラつく」リカルド | マクラーレン、ドライバー変更の「議論はない」 »
© Sutton Images
拡大

カナダGP決勝レースを最後尾からスタートするマクラーレンのジェンソン・バトンはレース中にドライブスルーペナルティを受けなければならない。

6日(土)に実施された土曜フリー走行終盤にパワーユニットに不具合が生じたバトンは予選を欠席。スチュワードからレース参戦の許可を得て最後列20番グリッドに着くことになったものの、すでに4基目に達していたターボチャージャーとMGU-Hの交換を強いられた。

今季は4基まで各エンジンコンポーネントの使用が認められており、5基目以降を搭載する場合はグリッドペナルティが科せられる。通常なら2つのエンジンコンポーネント交換で15グリッド降格処分を受けるが、最後尾のバトンはこれ以上後退できないため、未消化分としてレース中のドライブスルーペナルティに換算された。

新井康久氏(株式会社本田技術研究所 専務執行役員 F1プロジェクト総責任者)は「2台のマシンともトラブルを抱えてしまい、今日はまったく満足できませんし、無念に思います。ジェンソンに関してはFP3終了目前にERSのトラブルが起きました。エンジンの内部にいくらかのダメージがあり、予選を走ることができませんでした」と説明している。

また、バトン自身は『Twitter(ツイッター)』を通じて「今日はタフな1日だったけど、僕たちは強いまま。ドライブスルーペナルティ付きの最後尾スタートだけどね!」とつぶやいた。

© ESPN Sports Media Ltd.