McLaren

/ News

  • マクラーレン

Honda、カナダからは再びパワーにシフト

Me
2015年5月27日 « 妻は"幸運の女神"とロズベルグ | ドライバーたちの姿勢を評価するカルテンボーン »
© Sutton Images
拡大

モナコGPで2015年最初のポイントを獲得したマクラーレン・ホンダは、これから再びパワーに力を入れていくという。

ジェンソン・バトンがモナコで8位フィニッシュを飾り、フェルナンド・アロンソもトップ10入りは確実と思われたが、アロンソはオーバーヒートの問題でレースをリタイアした。マクラーレンのパフォーマンスはモナコのサーキットに助けられた面もある。パワーの重要性が少ないことから、レース前にドライバビリティに注力したHondaの戦略が当たった。

しかし、これから向かうカナダ、オーストリア、イギリスの各サーキットで、彼らは再び焦点をパワーにシフトするという。株式会社本田技術研究所 専務執行役員 F1プロジェクト総責任者の新井康久氏は改善の必要なエリアがどこかをはっきりと確信している。

「そのためのパワーを私にください!」と彼はモナコで記者団に冗談を言った。「何かアイデアをいただけたら、参考にします」

「ああ、ようやくスタートできたなという思いです。それが今の私の気持ちです。すべてのレースがステップ・バイ・ステップなのです。これからのレースではさらに進歩し、良い位置を獲得してポディウムに上がりたいですね。それが私の願いであり、可能であると期待します。われわれは特別なモナコのレーストラックにとてもよく適したドライバビリティを用意しました。そこは馬力がさほど重視されず、スロットルが全開ではなく、パーシャル的に使われる場所です。非常にセンシティブなエリアでしたが、ジェンソンとフェルナンドにはとても優れたドライバビリティを提供できました。2人とも良い感触を持ってくれました」

待ち望まれるパワーブーストのために、カナダGPでエンジン開発トークンを使用する必要はないと新井氏は考えている。

「カナダはパワーサーキットなので、より多くのパワーが必要です。しかしまた、急減速するサーキットでもあるので、ブレーキングとエネルギー回生システムが非常に重要です。さらに、ドライバビリティももっと改善しなければなりません。パワーが必要なのは分かっています。しかし、それは簡単なことではありません。そのような高速サーキットでいかにしてMGU-K のパワーを供給するかが重要になります・・・それについてはこのレース(モナコ)後に考えたいと思います」

彼らが利用できる9トークンの使用時期について、彼は次のように述べた。「まだ決めていません。トークンをいつ使うかは未定です。戦略次第ですね。マクラーレンと相談して、どのレースにするか決めたいと思います」

© ESPN Sports Media Ltd.