McLaren

/ News

  • マクラーレン

入賞には運が必要とアロンソ

Jim
2015年4月19日 « 「もっとプッシュできた」とライコネン | クビアト、Q1脱落でチームと話し合い »
マクラーレンの今季予選ベストリザルトを残したアロンソ © Sutton Images
拡大

フェルナンド・アロンソはバーレーンGP決勝レースでマクラーレンが今季初のポイントを獲得するにはいくらかの運が必要だと語った。

2015年シーズンでは初めてQ1を突破したアロンソはチームの今季最高グリッドとなる14番手につけてレースに挑む。前回の中国GPでは2台揃ってチェッカーフラッグを受けたものの、アロンソは運なしで入賞を果たすほど十分な進歩を遂げたわけではないと話している。

「前にいる人たちからの運が必要だね。今日は14番手だったから、明日は何かあればチャンスをつかんでいける。チャンスがなければたぶんレース中も14番手くらいになるだろうし、それじゃポイントには届かない」

マクラーレンにとって大事なのはパニックに陥らないことだと言うアロンソはこの先のレースでQ3に進めるだけのさらなる前進を遂げられることを願うともコメントした。

「今はこれが精いっぱい。チームの皆は落ち着いているし、やるべきことに集中している。こういう風に悪い状況だとパニックに陥りやすい。でも、その逆なんだ。チームはとてもモチベーションが高い。お互いが必要だと分かっているし、全員が一致団結している。一度に二歩進めたらいいね。そうすれば次はQ3だ」

「もちろん、Q2に進んだからって夢がかなったわけじゃない。特に僕たちはQ2進出以上の高い目標を持っているからね。マシンやパフォーマンスに関しては正しい方向に進んでいると分かっていたけど、いつもQ1敗退だといくらか疑問も出てくるから、この結果が必要だった」

© ESPN Sports Media Ltd.