McLaren

/ News

ピンクで彩られたバトンのヘルメット © Twitter
拡大

F1はドライバーが自分自身を表現するための最後の手段の一つを奪おうとしている。

そう主張するのはさまざまに変化するセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のヘルメットを担当することで知られるヘルメットペインターのイェンス・ミュンサーだ。

先週、観衆がドライバーをより見分けやすくするために、ヘルメットのカラーリングを頻繁に変える傾向が禁じられることが明らかになった。

ミュンサーは2015年にはこれまでより空き時間があるだろうと認めている。

「それに、これはドライバーたちが自分自身を表現するチャンスを奪ってしまう」とミュンサーは『Speed Week(スピード・ウイーク)』に述べ、こう続けた。

「それでも彼らは自分たちの好きなことを話せるって言うかもしれないけれど、今のF1ではそれも本当に可能かな?」

この新ルールに立ち向かう上で何かできることはあるかとの質問に、ミュンサーは「その質問はどうルールが解釈されるかによる」と答えた。

「デザイン変更とは何を指すのか。たった1色でもそうだろうか? それに、誰が各レース前にじっくりとすべてをチェックするのだろう? 専門家が必要なら、僕には時間ができるよ」とミュンサーは笑う。

また、FIAを相手に将来の賃金の損失を訴える気があるかとも聞かれ、ミュンサーは次のように返した。

「ハ! 僕にとってドライバーたちのためのデザインをするのは楽しみの部分が大きい。そこから財を成そうといったものじゃない」

「全体としてF1は僕がお金を稼ぐ手段じゃないが、いいPRになる」

ヘルメットはドライバーの"第二の顔"であり、デザイン変更の禁止は良いことだというフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)の考え方に対して、ミュンサーはこう話している。

「彼はデザイン変更を続けるドライバーじゃない。だけど、時によって彼もスペシャルヘルメットを使っていた。彼のフェラーリでのラストレースのようにね。だから、彼にはそういうことがもうできなくなってしまうわけだ。モナコやホームレースのような特別な機会にヘルメットを変えたり、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が彼のお父さんに敬意を評してピンクのヘルメットを使ったりしたようなことができなくなる」

© ESPN Sports Media Ltd.