McLaren

/ News

バルセロナではトラブルに見舞われ思うようにマイレージを稼げないマクラーレン © Sutton Images
拡大
関連リンク

22日(日)、Hondaに良い知らせと悪い知らせがもたらされた。

まず、朗報は2015年シーズンにF1復帰を果たすHonda製V6ターボエンジンの承認日が2日延びたこと。

『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』によると、書類上はレギュレーションで定められた2月28日が期日だが、今年は当日が土曜日のため、FIAが書類にサインするのは3月2日の月曜日になるという。

一方で新車MP4-30のパッケージを仕上げるべく苦悩するマクラーレン・ホンダにとっては悪い知らせもある。

ロン・デニスはライバルメーカーであるメルセデス、ルノー、フェラーリのように、2015年を通してパワーユニットの開発が可能となるよう、Hondaにより多くの"トークン"を与えてほしいとプッシュしているが、FIAは来月のオーストラリアGPを前に、他の3メーカーが残すトークン数の平均しか認めない構えだ。

アウトモートア・ウント・シュポルト誌はパリの内部関係者の話として「われわれはすでに妥協している。Hondaはそれに満足すべきだ。Hondaがトークンの最大数を求めても構わないというルールはない」と伝えた。

© ESPN Sports Media Ltd.