McLaren

/ News

  • マクラーレン

小規模チームに自制を求めるデニス

M.S.
2015年2月17日 « フェラーリが描く未来のF1マシン | フェラーリは「強そう」とリカルド »
© Sutton Images
拡大

小規模チームの生き残りを確実にするためにはコスト制限よりチームの財政面での自制が必要だとマクラーレンのロン・デニスは考えている。

昨年10月にケータハムとマルシャが破産を申請し、コスト危機とチーム間での収入配分の不平等さが浮き彫りになった。昨年には2015年のコスト制限案がマクラーレンを含むチームで構成されるストラテジーグループによって却下されており、小規模チームは引き続きより平等な収益の配分を求めている。

マクラーレンCEOのデニスはコスト制限では何も変わらないとの考えで、小規模チームはコンペティティブなチームがどのように資金を使っているのかを参考にする必要があると述べた。

「毎年ずっとこういうことが起きている。F1チームは自分たちが得た資金を使っているし、これからもそうだ。信じることさえ難しいかもしれないが、仮に彼らが新たな資金を得れば、彼らはそれを費やす新しい方法を見つけるだろう。実際のコスト制限はF1チームの上層部によって発動されるべきであり、外部からコントロールすることはできない」

「何に費やすかは人から課されるものではなく、自分で決めなければならない。より多くの資金を投じたいというのなら、これは何であれあなたが費やしたいものはすべて吸い上げるスポーツだ。求められるのは各チームの自己統制だ」

予算制限を求める動きは小規模チームの側の利己心によって制御されているとデニスは捉えている。

「彼らと穏やかに、理性的に話し合うとき、ほとんどの小規模チームが実際に述べているのは"もしわれわれがこのコストをあなたがたに負わせれば、あなたがたビッグチームはよりコンペティティブになるだろう"ということなので、彼らのどの部分でコストを制限すべきかの議論は非常におぼろげにカムフラージュされている。この議論は通常、資金のセーブというよりは、彼らが持っていないものに集中している」

「壊れたレコードがお前は戦える、もしくはコンペティティブになれると告げる。競うことになっているものよりも3倍コンペティティブだというのなら、とんでもない倍数だ。人々は競争しており、自分より3倍多くの資金を費やしているものに対してコスト制限を課そうとしたところで決してコンペティティブにはなれない。われわれが1億5,000万ポンド(約274億4,000万円)を費やしているときに、5,000万ポンド(約91億5,000万円)を基盤としている者たちに対してどうやって彼らをコンペティティブにしようというのだろう?」

© ESPN Sports Media Ltd.