McLaren

/ News

  • マクラーレン

マクラーレン、撮影日も苦戦か

M.S.
2015年2月17日 « F1コミッション、将来の大改革を検討 | ベッテルはシューマッハにそっくりとアリバベーネ »
カラーリングに変更はない模様(写真はヘレステスト) © Getty Images
拡大
関連リンク

マクラーレン・ホンダにはまだ苦しい道のりが続いているようだ。

開幕戦オーストラリアGPがちょうど1カ月後に迫った今、マクラーレン・ホンダはライバルたちに先駆けて2回目のプレシーズンテストが実施されるバルセロナに向かった。

テストが始まるのは19日(木)だが、16日(月)にはジェンソン・バトンをドライバーとしてマクラーレンが撮影用の走行を行っている。

アマチュアのカメラマンが捉えたMP4-30の走行の模様からは、シルバーにレッドの流線をあしらったカラーリングが継続されているのみならず、タイトルスポンサーの不在も続いている様子が見て取れる。

マクラーレンCEOのロン・デニスはイタリア『Autosprint(オートスプリント)』に「タイトルスポンサーシップが予算の40パーセントや50パーセントにあたるとあなた方が考えているなら、予算規模の大きなチームはコンセプトとして存続できないことになる」とコメントした。

「さらなる資金を引き込む考えを捨ててはいないが、ビッグネームを低価格でマシンに掲示するつもりはない」

月曜日のバルセロナを目にした人々は、MP4-30が苦戦する様子も報告している。

スペイン『El Mundo Deportivo(エル・ムンド・デポルティーボ)』はマシンが「どうにか半ダースほどのラップをこなした」と伝えた。

また、同じくスペインの『AS(アス)』紙には"一日がかりで2周した"という声が掲載されており、『Marca(マルカ)』紙はヘレステストから前進した様子は見られないと述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.