McLaren

/ News

  • マクラーレン

チームの決定遅れを茶化すバトン

M.S.
2014年12月9日 « トゥルーリ、「小規模チームは変わった」 | マクラーレンに新たなイタリア人加入か »
未確定な状況の中、スポンサーイベントもこなすバトン © Getty Images
拡大

マクラーレンの2015年ドライバーラインアップ発表を滑稽なほどに待たされているジェンソン・バトンは、ジョークで自身を取り囲む状況に応じた。

「新しい日本の電話番号を持ったんだ。僕が何も聞いてないのはそのせいかも」

バトンはマクラーレンのスポーティングディレクターであるエリック・ブーリエと同様、年一度の『Autosport(オートスポーツ)』表彰式に出席していた。

マクラーレンの態度に批判が高まる中、ブーリエは"数日"以内にはっきりさせられることを願っていると述べた。

「来年に誰が(マクラーレン)で働くか、われわれ全員ができる限り早く知りたがっており、数日の問題であることを願っている」

Honda時代を迎えるマクラーレンで誰をフェルナンド・アロンソのチームメイトに据えるかについて、最も直接的な責任を負っているロン・デニスは、ロンドンで開催されたこのイベントに出席していなかった。

バトンは「奇妙な状況だよ。でも、人生ではときどきこういうことがあるもの。ただその状況とうまくやらなきゃいけないだけさ」と認めている。

今年にマクラーレンからデビューしたケビン・マグヌッセンがシートを確保する可能性が高いと見られる中、1996年のチャンピオンであるデイモン・ヒルはバトンも候補を外れていないはずだと話した。

「マクラーレンはベストを尽くそうとしているはずだ。そうでなければ、彼らがジェンソンに"君をキープできない。何でも必要なことをやるように"と言ったと見なす者がいるだろう

「同様に、ジェンソンが自分にチャンスがあると考えていないなら、彼はチームに"やめ"だと話していただろう。マクラーレンにはあらゆる決定を発表する前にまとめなければならない契約があるのではないか」

また、今季のチャンピオンになったルイス・ハミルトン(メルセデス)は、フェラーリを出たアロンソと2015年にレースするのを楽しみにしていると話した。2人はかつてマクラーレンで組んでいたことがある。

「フェルナンドに彼のマシンで何ができるかはおもしろいだろうね」とハミルトンはスペインの報道陣に述べたという。

© ESPN Sports Media Ltd.