McLaren

/ News

  • ケビン・マグヌッセン

「バトンから学びたい」とマグヌッセン

Me
2013年12月4日 « ボッタス、「チームの全面的信頼を感じる」 | ジェネ、レッドブルの優位は続くと予想 »
© Getty Images
拡大

ジェンソン・バトンは"素晴らしいチームメイト"になるはずであり、来年のマクラーレンで彼から大いに学びたいとケビン・マグヌッセンが語った。

マクラーレンは2014年にセルジオ・ペレスの続投ではなく、ルーキーのマグヌッセンをレースドライバーとして昇格させることを決めた。新レギュレーションが導入される来年は経験が重要になるとバトンは警告している。『Twitter(ツイッター)』でマクラーレンファンとのQ&Aに参加したマグヌッセンは、バトンからできる限り多くのことを学びたいと語った。だがそれでも1戦目から競争力を発揮できる実例として2007年のルイス・ハミルトンのパフォーマンスを挙げている。

「ジェンソンから学ぶ準備はできている――彼は大量の経験を持っている」とマグヌッセンは述べた。「機会を最大限に生かしたい――彼はすごいチームメイトだ・・・(ハミルトンのデビューイヤーという)過去の実例があるから、ポジティブだよ。ルイスは素晴らしいドライバーだ」

2014年について最も楽しみなことを聞かれ、シーズンのすべてがモチベーションを高めているとマグヌッセンは答えた。

「1つのことだけじゃない。F1にいるというチャレンジすべてだよ。一番ワクワクしているのはマクラーレンにいられること」というマグヌッセンが一番楽しみにしているコーナーはオー・ルージュだという。「オー・ルージュ――素晴らしいコーナーだ――2014年のマシンだと再びチャレンジになるかもしれない」

© ESPN Sports Media Ltd.