McLaren

/ News

  • ジェンソン・バトン

チームの復活を信じるバトン

Me
2013年9月5日 « Hondaとの再タッグを望むバトン | ペイドライバーは"間違い"だとマルヤ »
「来年はメルセデス・ベンツとワールドチャンピオンシップで優勝できると思う」とバトン © Sutton Images
拡大
関連リンク

マクラーレンの輝かしい歴史の中で、2013年は一時的な低迷に過ぎず、来シーズンにはタイトルを勝ち取ることができるとジェンソン・バトンは考えている。

マクラーレンは今年まだ表彰台を獲得しておらず、近年でワーストレベルのシーズンを過ごしている。来年は新1.6リッターV6エンジンの導入など、レギュレーションの大改革が予定されているが、マクラーレンは2015年からエンジンサプライヤーをメルセデスからHondaに切り替えることになっており、移行のための年になるかもしれない。

しかし、現在のチームに忠誠を誓うバトンは、マクラーレンが2014年のタイトルコンテンダーになると信じている。

「2015年についてはすごく楽しみだけど、僕らはまず来年に目を向けないと。僕らは来年、メルセデス・ベンツとワールドチャンピオンシップで優勝できるはずだ」と彼は『Reuters(ロイター通信)』に語った。「今も彼らとのパートナーシップは良好だし、成功で締めくくることができればうれしいね」

バトンは過去3シーズンのレッドブルの優位がこのまま続くとは考えていない。

「この数年、レッドブルはすごくいい状態が続いているけど、それは止まる。トップチーム――トップ3か4チーム――にはしばらく安定が必要だと思う。僕の場合、今ここですごくハッピーだから特にね」

バトンのマクラーレン残留はまだ正式には発表されていない。契約のオプションが行使される必要があるためだが、他チームへの移籍は考えていないと彼は述べた。

「僕は忠実だ。過去にはそうじゃないこともあった。未来が見えないような小さなチームにいる時は、常にもっと良いものを探し求めていいと思う。でも、ここのように未来が保証されているチームにいられるようになると、ドライバーというのはすごくワクワクするものだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.