McLaren

/ News

  • マクラーレン

独占契約ではないとマクラーレン

Me
2013年5月16日 « 「やり残しはあった」と琢磨 | 運に恵まれないスーティル »
Hondaの復帰に際し、他のチームへの供給も可能だというマクラーレン © Sutton Images
拡大
関連リンク

2015年からのHondaとのエンジン契約は独占的なものではなく、他のチームが日本メーカーのスポーツ復帰に際して供給契約を結ぶことは可能だとマクラーレンが述べた。

真っ先にHondaとのワークス契約を取り付けたマクラーレンだが、マネジングディレクターのジョナサン・ニールにそれが"独占的"なものなのかどうかを尋ねると、Hondaが2チーム目の供給先を見つけることを止めるものは何もないとの答えだった。

「Hondaが直接答えた方が良い質問だが、すべてのエンジンサプライヤーは求められることを予想した上でF1にやってくるものだ。1チームを越えて供給する用意はできているはずだ」と彼は『Autosport(オートスポーツ)』にコメントした。「われわれは幻想を抱いてはいない。2015年に向けて多くの仕事が待ち構えている。だが、FIAかバーニー(エクレストン)からのリクエストがあった場合に備えて、Hondaも状況を理解しているはずだ。その点では独占的なものではない」

新エンジンレギュレーションが導入されるのは来年であり、マクラーレンは1年間メルセデスの新V6ターボエンジンとエネルギー回生システムを使ってからHonda製に切り替えることになる。だがマクラーレンはメルセデスに対して彼らの秘密が漏れることは決してないことを保証したとニールは述べた。

「それについてはメルセデスと細かく話し合い、メルセデスが必要な確証をすべて得られるようにした」と彼は付け加えた。「それはまたHondaの関心事でもない。彼らは非常に誠意的だし、マクラーレンも実直に対応する。だからこそわれわれのパートナーシップは長期的なんだ――それにわれわれはそのような非道なやり方をする組織ではない」

ニールはHondaとの契約が、リカルド社と共同でエンジンを製造しているマクラーレンの自動車部門には及ばないことを明らかにした。またHondaがチームの株式を取得することもないという。

「これは比較的従来タイプに近い契約なんだ」と彼は述べた。「コマーシャル面の条件について述べるつもりはないが、所有権は含まれておらず、(マクラーレン)オートモーティブについても話していない」

「これはレーシングプログラムなのだ。Hondaとマクラーレンは共に築いてきた関係を一層強化し、1.6リッターパワートレインのパートナーシップを通じてHondaに技術力を示す機会を与えたいだけだ」

© ESPN Sports Media Ltd.