McLaren

/ News

  • Honda

再来年からパワーユニットを供給するHonda

Jim
2013年5月16日 « エクレストン、引退の考えなし | 再タッグを楽しみにするバトン »
Hondaがパワーユニットを供給し、マクラーレンが車体製造&チーム運営を担当 © McLaren
拡大
関連リンク

Hondaが再びF1の世界に戻ってくる。

16日(木)16時より東京・青山にある本社で緊急記者会見を開いた本田技研工業株式会社は2015年にパワーユニットサプライヤーとしてF1に参戦することを発表した。提携チームはかつての盟友マクラーレンだ。

ジョイントプロジェクトを発足させたHondaとマクラーレンはHondaがエンジンとエネルギー回生システムを開発、製造、供給する一方でマクラーレンは車体の開発と製造に加えてチームの運営を担当。2015年からの活動名はマクラーレン・ホンダとなる。

Hondaが発行したF1復帰に関する声明には、会見に同席したマクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュのみならず、FIA会長のジャン・トッドやF1最高権威と言われるバーニー・エクレストンも復帰を歓迎するコメントを寄せている。

報道声明の内容は以下の通り。

【FIA F1世界選手権 参戦について】

HondaはFIA F1世界選手権にパワーユニットサプライヤーとしてマクラーレンとのジョイントプロジェクトのもと、2015年から参戦することを決定しました。

このプロジェクトではHondaがエンジンおよびエネルギー回生システムを開発・製造・供給、マクラーレンは車体の開発・製造およびチーム運営を担当し、McLaren Honda(マクラーレン・ホンダ)として活動していきます。

F1では2014年より1.6リッターV型6気筒直噴過給エンジンに加え、エネルギー回生システムが採用されるなど、エンジンのダウンサイジング化をはじめとした環境技術が導入されます。これらの技術への挑戦は内熱機関のさらなる効率化やハイブリッドシステムなど先進のエネルギーマネジメント技術を常に追求してきたHondaにとって、将来技術の開発や技術者の育成などにおいて大きな意義があるととらえ、参戦を決意しました。

伊東孝紳 Honda代表取締役社長

「Hondaは創業期よりレース活動を通じて技術を研鑽し、人材を育んできまた。自動車メーカーとして環境領域をはじめ、一層の技術進化が求められる中、F1という四輪レースの頂点にも環境技術が大幅に導入されることを踏まえ、自らの技術を世界で試し、磨くために、この度、参戦を決断しました。コーポレートスローガンである"The Power of Dreams(ザ・パワー・オブ・ドリームズ)"を原動力に、世界中のファンの皆様のご期待にかなうよう努めて参ります。環境技術にしのぎを削る自動車メーカーにとって非常に朝鮮のしがいがある魅力的な新レギュレーション導入の英断を下されたFIA、また、F1のブランド価値を高め、常にファンから熱い支持を受ける世界最高峰カテゴリーとして発展させてきたフォーミュラ・ワン・グループには大きな敬意を評したいと思います。特に今回の参戦に向け、多大なご理解とご協力をいただいたFIAのジャン・トッド会長、フォーミュラ・ワン・グループのバーニー・エクレストンCEOのご両名には厚く御礼を申し上げます。F1界を代表する名門チームであるマクラーレンとともに、新世代のF1にチャレンジし、新たな時代を切り開いてまいります」

マーティン・ウィットマーシュ マクラーレン代表

「マクラーレン・ホンダという栄光の名前はわれわれ双方にとって大変名誉であると同時に重い責任を伴うものです。この名を再びF1の頂点で輝かせ、それを継続していくことに、Hondaもわれわれも同じ決意を胸に共に挑戦してまいります」

ジャン・トッド FIA会長

「マクラーレンと共に2015年からF1に参戦するというHondaの大きな決断は非常に喜ばしいことです。エネルギー回生システムやV6 1.6リッターダウンサイジングエンジンなど新しいパワートレインの導入はこれからのモータースポーツのあり方を示唆する非常にチャレンジングな取り組みです。Hondaの素晴らしい活躍を確信しています」

バーニー・エクレストン フォーミュラ・ワン・グループCEO

「HondaのF1復帰を歓迎します。彼らのエンジン技術の高さとモータースポーツへの情熱がF1をさらに魅力的なものにしてくれると期待しています」

(本田技研工業株式会社 プレスリリースより)

© ESPN Sports Media Ltd.