/ News

  • マルシャ

マルシャのアブダビ参戦成功ならず

Jim
2014年11月20日 « アブダビでマルシャの目撃情報も・・・ | バリチェロ、ケータハム出走を否定 »
© Getty Images
拡大

2014年シーズン最終戦が行われる今週末のアブダビでマルシャをグリッドに戻す試みは失敗に終わった。

わずか2週間前、マルシャの管財人はチームが取引を中止し、従業員が解雇されたことを認めている。

一方で、マルシャをグリッドに復帰させようと複数の潜在的投資家との話し合いが行われる中、『Reuters(ロイター通信)』は契約がまとまる希望がかなり高く、19日(水)夜にもチームスタッフをヤス・マリーナ・サーキットへ飛ばすべく緊急対策も練られていると報じていた。

しかしながら、その後、これらの話し合いが契約締結に至ることはなく、マルシャはシーズン最終戦に参加する希望を失った。

マルシャドライバーのマックス・チルトンは『Twitter(ツイッター)』の公式アカウントを通じて「この24時間、アブダビに向かおうと必死にがんばったけれど自分たちの思うようにはうまくいかず、マルシャに関わったすべての人々にとってとてもショックで悲しい」とツイート。

マルシャの最終戦出走計画失敗の報が入る前には、日本GPで重傷を負ったジュール・ビアンキが人工的な昏睡(こんすい)状態を脱し、母国フランスの病院に転院したことが明らかになっている。

マルシャ同様に破産を申請したケータハムはクラウドファンディングプロジェクトを成功させ、アブダビに参戦するため、今季最終戦は10チームの闘いとなる。

© ESPN Sports Media Ltd.