/ News

  • ジュール・ビアンキ

ビアンキ、ニースの病院に到着

Me
2014年11月20日 « ミシュラン、F1復帰を除外せず | アブダビでマルシャの目撃情報も・・・ »
© Sutton Images
拡大

ジュール・ビアンキが昏睡(こんすい)状態を脱し、母国であるフランス・ニースの病院に転院したことが家族から発表された。

ビアンキは今も重篤な状態だが、自発呼吸ができており、バイタルサインは安定しているという。彼の事故から間もなく7週間が経過する19日(水)に家族が声明を発表し、"重要なステップ"として新たな情報を公開した。

「鈴鹿サーキットでのジュールの事故からほぼ7週間がたちました。神経学的集中治療を受けた後、ジュールが重要なステップを踏み出したことを発表いたします」

「ジュールはもう、事故直後から置かれていた人工的昏睡(こんすい)にはありません。しかし、今も意識は不明のままです。自発呼吸をしており、バイタルサインは安定していますが、その容体は今も"重篤"と分類されます。彼の治療はこれから、脳機能の改善に関わる新たな段階に入ります」

「ジュールの神経学的コンディションは安定しています。容体は引き続き深刻ですが、これからもそれが続くと考えられることから、母国フランスに戻るために十分に安定していると判断されました。私たちも安堵(あんど)しており、ジュールは昨夜、日本の三重県立総合医療センターからニース大学付属病院(CHU)に空路移送されました。彼は先ほどそこへ到着したところです。ジュールは現在、ロクール教授とイシェ教授の集中治療室におり、彼のケアはまた、ニューロサージェリー・サービス責任者のパキ教授によって監視されます」

「ジュールが次の治療段階を自宅の近くで続けられることに感謝しています。これで彼は今までより多くの家族や友人たちに囲まれ、支援を受けることが可能になるでしょう。事故の後、優れたケアを提供してくださった三重県立総合医療センターに対してはただただ称賛の言葉しかありません」

「ジュールのため、そして非常に困難なときに私たち家族のために尽力してくださったメディカルスタッフの方々には大変なご恩があります。特に、亀井医師と山道医師、そして小倉氏と、日本でジュールのケアをしてくださったチームの皆様へのお礼を申し上げたいと思います」

ビアンキは7週間前のウエットコンディションのレース中にマシンを回収していた重機に衝突して深刻な頭部外傷を負っていた。

© ESPN Sports Media Ltd.