/ News

© Sutton Images
拡大

ジュール・ビアンキと並び、マックス・チルトンもチームで2年目のシーズンを過ごすことをマルシャが正式に発表した。

2013年にF1デビューしたチルトンは、昨シーズンのすべてのレースを完走した。ビアンキはシーズンの終了前から残留が決まっていたが、チルトンの確定により、これでマルシャは初めて2年連続同じドライバーラインアップで戦うことになる。

1年の経験を積んだことによって2014年は飛躍の年になるとチルトンは期待している。

「マルシャF1チームと2年目のシーズンを続けられることになって本当にうれしい」と彼はコメント。「継続性はチームにとって大事だし、僕にとってもドライバーとして大事だ。デビューシーズンにはすごく多くのことを学ぶ。でもそうした新しい経験を生かして本当のポテンシャルを見せられるのは2年目なんだ」

「ジュニアカテゴリーでもいつもそうだったし、F1の戦いでも2年目に同じようなステップを目指している。信頼とサポートを続けてくれたマルシャF1チームに感謝したい。彼らは素晴らしいハードワークをこなし、高い理想を持った人々だ。共に2014年シーズンのチャレンジに乗り出すのが待ち切れない」

発表は『Autosport International Show(オートスポーツ・インターナショナル・ショー)』の会場にて行われた。チーム代表のジョン・ブースは、今シーズンに導入される新レギュレーションを考えると、同じドライバーたちと取り組むことがマルシャにとって重要なのだと述べた。

「マックスが2014年シーズンもチームと一緒に歩むことを発表できてうれしい」とブースは述べた。「今年のレギュレーションを変更を見ると、継続性が鍵となる。そのため、われわれのテクニカルチームにとっては同じドライバーラインアップで進むことが非常に有益だ。マックスは昨年、印象的なデビューシーズンを過ごし、言うまでもなく全19戦完走というルーキー新記録を達成した。彼は2013年中の自身の進歩を誇りに思っていい」

「これでレースドライバー・ラインアップが完成し、今後は2014年マシンと、マルシャF1チームを次のレベルに導くことに全神経を集中することができる。コンストラクター選手権で10位獲得に成功し、われわれは2014年キャンペーンにより大きく高い目標を定めた」

© ESPN Sports Media Ltd.