Manor Marussia

/ News

  • US GP - マノー - 決勝

調子は上がっているとマノー

Me / AI
2016年10月24日 « 展開に応じて戦略を変えたルノー | ライコネンのタイヤ交換ミスでフェラーリに罰金 »
© Andre/Sutton
拡大

23日(日)にシーズン第18戦US GPが開催され、マノーのパスカル・ウェーレインとエステバン・オコンは17位と18位で完走を果たした。

パスカル・ウェーレイン

「全てを考え合わせると、初めてのUS GPの週末にはすごく満足している。チャレンジングな瞬間もあったけど、それを乗り越えていい予選とレースにできた自分たちに満足だ。レース自体はすごく単純だった。クルマからベストを引き出せたと思うから、走行時間をかなり失ったけど、いいリザルトだったと思う。オースティンは確実にシーズンの中で大好きなレースの一つになったよ。少し時間を見つけてチームとすごく楽しく過ごしたんだけど、同時にレースのためにハードな仕事にも取り組んだんだ。だから、全体的に素晴らしい週末だった。チームに感謝しているし、来週のメキシコでもこの形を続けたい」

エステバン・オコン

「素晴らしいスタートだったね。6つはポジションを上げられたと思う。もちろん、周回を重ねるごとにだんだんと後退していったのは、タイヤがかなりスライドしていたからなんだ。ミディアムタイヤでスタートするのはあまり良い案じゃなかったと思うけど、それでもレース序盤は良かった。その後、少しダメージを受けて、それがクルマのバランスに影響したようだった。チームはデータに何かを見つけていて、特にピットストップの間に状況を何とかしようとしていた。それでもどんどんクルマを走らせるのが難しくなって、最後はフィニッシュできただけでうれしいよ。もっと良い結果を期待していたけど、少なくとも2台が完走できて、チームのハードワークに報いることができて良かった」

デイブ・ライアン(レーシングディレクター)

「両ドライバーの優れたパフォーマンスで再び2台フィニッシュを飾り、チャンピオンシップのポジションを管理できた。パスカルは予選の良い勢いをそのまま維持し、レースをうまくまとめてくれた。エステバンはスタートが本当に素晴らしかったので、ダメージを負って残りのレースが難しくなってしまったことが残念でならない。調子は上昇中だ。来週のメキシコに向けて出発しよう」

© ESPN Sports Media Ltd.