Manor Marussia

/ News

  • マノー

キング、US GPでフリー走行に参加

M.S.
2016年10月17日 « マクラーレンは10点中5点だとデニス | ザナルディ、モーターレース復帰戦で勝利 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

GP2ドライバーのジョーダン・キングが今週末に開催されるUS GPで初めてフリー走行に参加し、マノーのマシンをドライブする。

2015年からマノーの開発ドライバーを務めているキングの父はチーム会長であるジャスティン・キング。過去12カ月に今年のバルセロナおよびシルバーストーンを舞台としたインシーズンテストをはじめ、3回のテストに参加したキングだが、グランプリのフリー走行でドライブするのは今回が初めてだ。

キングは「何より今回のことを実現してくれたチームに感謝したい。MRT05を駆って2回の本当にポジティブなテストを行った僕にとって、今回も正しい方向への大きな一歩だし、以前のテストがこのチャンスにつながった」と語っている。

「夢がかなった一方、金曜日にはマシンに乗ってやるべき仕事があるし、チームに質の高いフィードバックやデータをたくさんもたらして、US GPへの挑戦を手助けしたい」

「ぎゅうぎゅう詰めの90分だ。マシンバランスを探り、チームのシミュレーション作業に沿ってそれを調整していく。評価するべき新コンポーネントがあるだろうし、このイベントに使われるタイヤも評価しなければならない。それに、僕はサーキットになじんでマシンのスピードに慣れていくよ。シルバーストーンで最後にドライブしてからかなり改善されているから、待ちきれない!」

マノーレーシングディレクターのデイブ・ライアンはこうコメントしている。

「ジョーダンに初めてFP1(フリー走行1回目)を任せるのは良いことになるだろう。彼は開発ドライバーとして本当に素晴らしい仕事をしてきたし、この機会はわれわれと彼のプログラムの一部として計画された。彼のフィードバックを得るのを楽しみにしており、MRT05での彼のパフォーマンスを評価するさらなる機会を心待ちにしている」

キングは現在GP2でランキング5位につけており、これまでに2勝と5回の表彰台フィニッシュを遂げてきた。現マノードライバーのパスカル・ウェーレインかエステバン・オコンがグリッド上位のチームに移籍した場合、キングが2017年にその後任となる可能性があると見られている。

© ESPN Sports Media Ltd.