Manor Marussia

/ News

  • ヨーロッパGP - マノー - 予選

予選ラップに満足するハリアント

AI / M.S.
2016年6月19日 « 渋滞と黄旗に苦悩したマクラーレン勢 | ロズベルグは好調もハミルトンは"らしくない"ミス »
© Andre/Sutton
拡大

18日(土)、シーズン第8戦ヨーロッパGP予選が行われ、マノーのリオ・ハリアントとパスカル・ウェーレインは17番手と18番手に並んだ。

ハリアントはQ1突破まであと0.116秒と迫るもQ2進出はならず。ウェーレインのベストタイムもチームメイトと100分の数秒しか違わない。

土曜フリー走行ではウェーレインが17番手、ハリアントが21番手だった。

パスカル・ウェーレイン

「今日は予選で確実にQ2進出できると思っただけに、予選には少しがっかりだ。僕の最速ラップの時にターン3とターン4のところでイエローフラッグが出てしまって、DRSが使えなかったから、コンマ数秒は失ってしまった。その点は2度目のラップでは良かったんだけど、タイヤのデグラデーションのせいでさらにコンマ数秒が出なかった。良いペースがあることは確かだし、ここでは僕たちのパッケージがよく機能している。今日はこんな感じだったけど、明日はまた新しい1日になる。だからベストを尽くすさ。一番重要なことはレースを完走することだけど、明日は良いチャンスがあるんじゃないかな。今日のGP2の流れを見たからね。セーフティカーが出て、力強いパフォーマンスがあれば、本当に良い結果も可能だよ」

リオ・ハリアント

「僕にとっては良いラップだったし、すごくうれしい。FP3に向けてマシンをいくらか変更し、それがうまくいった。Q2間近だったけれど、残念ながら2セット目では1回しかタイムアタックができなかった。もう1回行こうとしたときにイエローフラッグが出ていたんだ。今は明日に向けて全力で集中しなきゃね。GP2レースでは何でもありだってことが示されたけれど、チャンスを生かすには確実に良いスタートを切れるようにしなきゃならないし、ミスのない、強くてクリーンなレースをしなければ。ベストを尽くすし、すべてが僕らの有利になるように願っている。ただ、今はこの瞬間を楽しむべきときさ」

デイブ・ライアン(レーシングディレクター)

「今季で最も強力な予選セッションであり、両マシンがルノーの2台とザウバー、マクラーレンを抑えてQ2にかなり接近していた。これは大きな成果だ。われわれがどれほど前進してきたかを示しており、チーム全体がよくやったし、特にリオとパスカルは一日を通してきわめて好調だった。こう言うと奇妙だが、われわれはグリッド位置に満足している一方で、ドライバーが2人ともアタックラップでやや阻害されたため、ある程度のフラストレーションがある。しかし、起きてしまったことはそういうものだし、今は多くのアクションと素晴らしいチャンスが約束されている明日のレースに集中している」

© ESPN Sports Media Ltd.