Manor Marussia

/ News

  • パスカル・ウェーレイン

ウェーレイン、中国でさらなるマノーの活躍を期待

Me
2016年4月13日 « 信頼性でチャンスを逃してはならないとブーリエ | Q3進出は厳しいとアロンソ »
© Andre/Sutton
拡大

バーレーンで鮮烈な印象を残したパスカル・ウェーレインは、マノーが1ラップで真のポテンシャルを発揮するのはまだこれからだと述べている。

マノーがメルセデスパワーを得て進歩を示したサヒールで、ルーキードライバーのウェーレインは13位でレースをフィニッシュした。中でも注目されたのは、レース中にルノーのケビン・マグヌッセンが発した言葉だった。ウェーレインの後ろにつかえていた彼は、MRT05が"ロケットのように速い"と無線で訴えた。

今週末の中国GPはカレンダー上でトップクラスのロングストレートを持つと同時に、低速から高速のコーナーも有している。マノーはその部分でもっと改善できるとウェーレインは自信を見せた。

「ケビンのレース中のコメントはおかしかった」とウェーレインは述べた。「でも、あれは本当なんだ。クルマはストレートで本当に速い。上海にはそれがいくつかある」

「でも、バーレーンを見て、ラップを通してクルマのベストを引き出すためにはまだやることがあるって分かったんだ。セットアップを改善するためにできることはまだたくさんあるし、ここではストレートとターンのうまい妥協点を見いださなきゃならない。すごくチャレンジングなコースだから、始めるのが楽しみだよ」

メルセデス育成ドライバーのウェーレインは上海で初めてのサーキットを走ることを楽しみにしている。

「新しいサーキットを覚えるのはすごく楽しいし、数周してしまえばそれほど大きな問題じゃなくなる。天気にさえ邪魔されなければ、勢いに乗れるんだ。僕は去年、メルセデスとコースを歩いているし、シミュレーターでの準備はしてきているから、とにかくFP1に取りかかり、僕らのパッケージがどのくらいの力を見せられるか確かめたい」

© ESPN Sports Media Ltd.