Manor Marussia

/ News

  • マノー

ハリアントに3グリッド降格ペナルティ

M.S.
2016年3月19日 « 「自撮り」のハミルトン、プライベートは不問 | メルセデス、新予選は「失敗」と再考を促す »
© Sutton Images
拡大

シーズン開幕戦オーストラリアGP土曜フリー走行で他車に接触したリオ・ハリアント(マノー)に3グリッド降格のペナルティが科された。

19日(土)にメルボルンで土曜フリー走行がスタートした直後、チームのガレージを出発したハリアントはピットレーンでハースF1のロマン・グロージャンに衝突した。両者はいったんガレージに戻り、ハリアントは程なくして作業に着手したものの、マシンの修正に時間を要したグロージャンはセッションの半ばになってようやく走行を開始している。

両サイドからの報告を受けたスチュワードは、ハリアントに3グリッド降格のペナルティを科すと同時に、そのスーパーライセンスに対して12カ月有効のペナルティポイントを2ポイント与えている。

スチュワードは今回の裁定理由を「カーナンバー88のドライバー(ハリアント)がチームガレージを離れた際、ファストレーンにいたマシンの接近に注意を払わなかった」と説明した。

© ESPN Sports Media Ltd.