Manor Marussia

/ News

  • ジュール・ビアンキ

ビアンキの17番、永久欠番に

Jim
2015年7月20日 « 21日にビアンキと最後の別れ | Honda、次戦でERSフル活用を目指す »
© Sutton Images
拡大

FIAは20日(月)、先ごろ亡くなったジュール・ビアンキのカーナンバーだった17を永久欠番にすることを決めた。

最近までF1では前年のドライバーズおよびコンストラクターズ選手権順位に応じて各ドライバーのカーナンバーが決定していたが、2014年シーズンに先立ち、ドライバーが生涯を通じて固定番号を使用する新しいルールが採用された。ドライバーは各自、希望番号を3つずつ申請し、希望番号が重複した場合は前シーズンのドライバーズランキングの順位の高い者が優先される。

マルシャドライバーとして17番を背負ったビアンキは昨季15戦目の日本GPで重機に衝突し、頭部に大ケガを負った。三重の総合病院で手術と治療を受けた後、今年に入って地元フランス・ニースに帰国したビアンキは懸命にケガと戦い続けたものの、2015年7月17日に永眠した。

FIAは声明の中で「現在、F1のカーナンバーは各ドライバーの選択制になっており、FIAはジュール・ビアンキが選んだ17番を永久欠番とすることが適切な措置だと考える。したがって、今後この番号がFIA F1世界選手権に出場するマシンに使用されることはない」と説明している。

© ESPN Sports Media Ltd.