Manor Marussia

/ News

  • ジュール・ビアンキ

ビアンキが永眠、享年25

Jim
2015年7月18日 « マルドナド、前半戦は努力が結果につながらず | 訃報に打ちひしがれるF1界 »
© Sutton Images
拡大

昨年の日本GPで発生したクラッシュで頭部に重傷を負ったジュール・ビアンキが7月17日(金)夜、入院先の病院で永眠した。享年25。

8月3日に26歳の誕生日を迎えるはずだったビアンキは2014年の日本GP決勝レース中に雨の降るコース上で作業していた重機と衝突。重い脳外傷を負ったビアンキは三重の病院で治療を受けた後、今年初めに母国フランスの病院に転院するも、意識が戻らず膠着(こうちゃく)状態が続いていた。

ビアンキの家族は奇跡を願い、容体を見守っていたが、現地時間18日(土)深夜(日本時間、同午前)に悲しい知らせが届けられた。

「この知らせをお伝えしなければならないことはジュール・ビアンキの両親、フィリップとクリスティーヌ、姉メラニー、弟トムにとって悲痛ではありますが、F1日本GP開催中の鈴鹿サーキットで2014年10月5日に発生した事故後に入院していたニース大学付属病院(CHU/フランス)で昨夜、ジュールが永眠致しました」

「ジュールはいつも通り、最後の最後まで戦い続けましたが、本日、彼のバトルは終わりを迎えました。われわれの悲しみはとてつもなく大きく、言葉では言い表せません。たくさんの愛と献辞を持って彼のケアにあたってくれたニースのCHUの医療スタッフの方々には心から感謝申し上げます。そして事故直後にジュールの治療にあたってくださった(日本の)三重県立総合医療センターのスタッフの方々をはじめ、過去数カ月に渡ってジュールの治療に携わってくださった医師の皆さまにも感謝申し上げます」

「さらに、ジュールの仲間たち、友人、ファン、この数カ月を通してジュールに愛情を注いでくださった皆さまに深く感謝しております。皆さまの思いが私たち家族にとってとてつもない強さとなり、非常に難しい時間を過ごす中で大きな助けとなりました。数多くのメッセージを見聞きし、ジュールが世界中の大勢の皆さまにどれだけ愛されていたかを実感しました」

「私たちはジュールを失った現実と向き合っています。どうか家族のプライバシーを尊重してくださいますようお願い申し上げます」

© ESPN Sports Media Ltd.