Manor Marussia

/ News

  • マノー・マルシャ

メルヒ、シート維持にはスポンサーが必要

Me
2015年3月11日 « マクラーレン・ホンダの鈍い出足に"意外"との反応 | ベルガー、メルセデスの不安を一蹴 »
メルヒはレースナンバーに98を選んだ © Sutton Images
拡大

マノー・マルシャで得たレースシートは短期的なものかもしれないとロベルト・メルヒが認めた。

FIAの発表により、レースナンバー98をつけることが明らかになった23歳のスペイン人ルーキーは、オーストラリアでウィル・スティーブンスとともに復活したマノー・マルシャチームのドライバーを務める。

しかし、メルボルンに向けて大急ぎで準備を整えてきたチームがビッグスポンサーつきのドライバーと自分を置き換えなければならないかもしれないとメルヒはスペインラジオ『Cadena COPE(カデナ・コペ)』に認めた。

「今はまだ分からないんだ」と彼は言う。「最初のレースの様子を見てからだね。僕は今週末、レースをすることに集中しているから、次の展開のことはまだゆっくり考えていない」

「今は僕がドライバーだ。それがシーズン全部になるかどうかは見てみよう。他ほど大きな予算を持ったチームじゃないから、ペイドライバーが必要になるかもしれない」

「でも、僕にはスポンサーがいないから貢献できないんだ」とメルヒは付け加えた。急いで2014年のマシンをアップデートしてきたマノー・マルシャはどうやら以前ものにやや修正を加えたレッド&ホワイトのカラーリングを使い続けるようだ。

スペイン紙『AS(アス)』もメルヒのコメントを伝えた。「このレースによって、もっと続けられる可能性が開くことを願っている」

「続投を望むならスポンサーが必要だ。でも、スペインでは見つけられない。このレースが状況を変えるのに役立ってくれることを期待したい」

メルボルンについて現実的な見通しを持っているというメルヒは、チームメイトのスティーブンスを倒すことが唯一のゴールだと述べた。

「残りの人たちとは対等に戦う手段がない」と彼は述べた。「使えるのが2014年のマシンとパワーユニットだからね。でも、謙虚な気持ちで自分にできるベストを尽くしたい」

© ESPN Sports Media Ltd.