Manor Marussia

/ News

  • マルシャ

マノーの復帰を支持するホーナー

Me
2015年2月21日 « ベッテル、まずはフェラーリで表彰台を | ルノーがチーム買収を検討とのうわさ »
ドライバー時代にブースのチームで走ったことがあると述べたホーナー © Sutton Images
拡大
関連リンク

21日(土)、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表が元マルシャチームのF1復帰を歓迎すると述べた。

これまで、小規模チームの権利を声高に主張していたはずのフォース・インディアは、マノーが昨年のマシンを使って2015年シーズンに参戦するための許可を求めるとそれを阻止した。

しかし、その後ウィリアムズはマノーの支持を表明。さらにレッドブルのホーナーも、管財人の手を離れた彼らにはF1にいる"権利がある"と述べた。

「私は1992年にジョン・ブースのチームで走っていた」と元レーシングドライバーでもあるホーナーはイギリス放送局『Sky(スカイ)』に語った。

「彼はレーサーでありファイターだ。彼とチームの人々はグリッドに着くために懸命に戦っているに違いない。彼らにはその権利がある」

「フェラーリがエンジン供給に同意したのは素晴らしいし、チームの後ろには分別ある人々がついて、動き出す資金を得たようだ」

「私も彼らと話したよ」とホーナーは付け加えた。「われわれにできることはそう多くない。何もパーツを供給していないからね」

「しかし、さまざまなチームがF1にいるのは良いことだし、グリッドには20台が並んで欲しい」

© ESPN Sports Media Ltd.