Manor Marussia

/ News

  • ジュール・ビアンキ

ビアンキ、重篤だが安定した状態

M.S.
2014年10月7日 « FIAの運営を支持するバトン | ビアンキの傍で回復を待つ両親ら »
三重県内の病院に収容されたビアンキ © Sutton Images
拡大
関連リンク

日本GP決勝でコースサイドに出動していた車両にクラッシュしたマルシャのジュール・ビアンキは、鈴鹿サーキットから15km離れた三重県内の病院で"重篤(じゅうとく)だが安定した"状態にあるという。

6日(月)、ビアンキが緊急手術を受けた病院に同ドライバーの両親が到着した。同日、マルシャはビアンキの容体の公開については両親の意向を最優先にすると述べている。

しかし、夜になってビアンキが搬送された四日市市の三重県立総合医療センターにて、FIAのスポークスマンが "重篤だが安定した"状態だとビアンキの容体について明かした。

フランス『L'Equipe(レキップ)』によれば同スポークスマンは "非常に深刻だが安定した"状態だと話したという。

日本GPでドライバースチュワードを務めたミカ・サロは「ひどいアクシデントだった」と語る。

レキップはまた、敬意を集めるドクターであり、FIA会長ジャン・トッドの友人でもあるジェラール・サイラン医師がビアンキの元へ向かっていると伝えた。サイラン医師はミハエル・シューマッハのスキー事故の際も付き添った経緯がある。

© ESPN Sports Media Ltd.