Manor Marussia

/ News

  • マルシャ

マルシャがザウバーと合併?

Me
2013年11月28日 « メルセデス、ブラウン離脱を発表へ | ブラウン、メルセデスを離脱 »
他チームとの合併も視野に入れているというマルシャ © Sutton Images
拡大

2014年シーズンのグリッド後方で、F1チームがまた1つ減るかもしれない。

昨年の世界選手権を戦ったのは12チームだったが、奮闘を続けていたHRTが年の終わりに消滅した。

そして、2014年シーズンのF1が全10チーム、20台で戦われることになるかもしれないとドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』が報じている。

通信員のミハエル・シュミットは、バックマーカーのマルシャと、財政状態は苦しいが確立された中団チームであるザウバーが合併するかもしれないと述べている。

「(マルシャのチームオーナー)アンドレイ・チェグラコフは、集団の後ろを走るためだけに自分のポケットを深く探らなければならないことにうんざりしている」とシュミットは言う。

「しかし、彼はF1にはとどまりたいと考えている。初めはトト・ウォルフが持つウィリアムズの株式を買い取ることを望んでいた」と彼は付け加えた。

「バーニー・エクレストンはこれを支持したが、独立性を望むクレア・ウィリアムズが拒否した」

「そしてロシア人たちは今度はザウバーに目を留めた」とシュミットは述べた。

一方『RTL Nederland(RTLネーデルラント)』の報道によると、オランダ人富豪でビジネスマンのマルセル・ボークホーンがフォース・インディア買収に関心を示しているという。

興味深いことにボークホーンはケータハムのドライバーであるギド・ヴァン・デル・ガルデの義理の父にあたる。

© ESPN Sports Media Ltd.