マレーシアGP

/ News

M.S. M.S. RSS FeedFeeds

  • F1
  • F1が2021年のルール策定期限を延長
  • 2019年6月14日: 13日(木)にパリで行われた会合によって、2021年のスポーティングレギュレーションの最終的な発表を10月末まで遅らせることが決定した。

  • カナダGP - ペナルティポイント
  • ベッテルとサインツにペナルティポイント
  • 2019年6月12日: シーズン第7戦カナダGPではフェラーリのセバスチャン・ベッテルとマクラーレンのカルロス・サインツにペナルティポイントが加算された。

  • カナダGP - ペナルティ
  • 物議をかもしたベッテルのペナルティ
  • 2019年6月12日: シーズン第7戦カナダGP決勝ではライバルと競り合っていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルがコースオフした際のスチュワードの裁定が議論を呼んだ。

  • モナコGP - パワーユニット
  • フェラーリカスタマーが新エンジン投入
  • 2019年5月29日: シーズン第6戦モナコGPではフェラーリエンジンを利用するハースF1とアルファロメオ・レーシングがパワーユニット交換を行った。

  • モナコGP - ペナルティ
  • 苦戦をものがたる大量ペナルティ
  • 2019年5月29日: 入り組んだモンテカルロ市街地サーキットでは多くのドライバーがペナルティの対象となった。

  • フェルナンド・アロンソ
  • アロンソ、2019年のインディ500は予選敗退で幕
  • 2019年5月20日: フェルナンド・アロンソが現地19日(月)に実施されたインディ500のグリッド最後方に並ぶドライバーを決める予選の"バンプデー"で敗退した。

  • スペインGP - ペナルティ
  • ルノー、不適切なウイング交換でペナルティ
  • 2019年5月15日: 決勝ではペナルティ対象者のいなかったシーズン第5戦スペインGPで、最も頻繁に審議対象として取り上げられたのはルノーのニコ・ヒュルケンベルグだった。

  • アゼルバイジャンGP - ペナルティポイント
  • リカルドにペナルティポイント2点
  • 2019年5月7日: シーズン第4戦アゼルバイジャンGPではルノーのダニエル・リカルドに2点のペナルティポイントが科された。

  • アゼルバイジャンGP - パワーユニット
  • 第4戦で今季初のペナルティ
  • 2019年5月7日: シーズン第4戦にして今季初めてのペナルティ対象となったのが3基目のコントロールエレクトロニクスを搭載したアルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィだった。

  • 中国GP - ペナルティポイント
  • クビアトに2点のペナルティポイント
  • 2019年4月17日: シーズン第3戦中国GPではトロ・ロッソのダニール・クビアトに2点のペナルティポイントが科された。

Top of the Page上へ