マレーシアGP

/ News

  • マレーシアGP - 土曜フリー走行

ロズベルグがトップタイム

M.S.
2012年3月24日
最後にライバルたちを退けたロズベルグ © Getty Images
拡大
関連リンク

24日(土)日本時間15時からマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットにて2012年FIA F1世界選手権第2戦マレーシアGP土曜フリー走行が実施された。

初日のフリー走行では前半にルイス・ハミルトン(マクラーレン)がトップタイムを記録し、昨年度チャンピオンのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2番手。ニコ・ロズベルグとミハエル・シューマッハのメルセデス勢が3番手と4番手に入った。

ハミルトンは現地時間の午後に行われた後半のフリー走行でもトップに立ち、シューマッハ、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ロズベルグと続いている。

熱帯性の雨が特徴のセパンでは土曜フリー走行を前に軽い雨が降り、気温27度、路面温度29度のウエットコンディションで1時間のセッションが幕を開けた。セッションスタート時には雨は止んでいたものの、各車インターミディエイトタイヤでコースに向かっている。

開始から間もなくしてロズベルグ以外の全員がシステムチェックを終え、雲間から覗いた太陽が路面を乾かすのを待ってか、しばらくコース上は無人の状態が続いた。

開始から20分、ロズベルグがインストレーションラップを行ったタイミングでブルーノ・セナ(ウィリアムズ)がドライタイヤに切り替え、ハードコンパウンドを履いて1分43秒721をマーク。これを機にライバルたちもプログラムを開始する。

セッションスタートから30分が経過した時点では8名がタイムを計測し、1分39秒台に入れたロマン・グロージャンとキミ・ライコネンがロータスの1-2態勢を築いていた。その後ブルーノがタイムを更新し、ブルーノ、グロージャン、ライコネン、小林可夢偉(ザウバー)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が上位に並ぶ。

最初に1分39秒のカベを破ったのはベッテル。路面温度は33度に上昇し、残り20分では1分38秒145を記録したマーク・ウェバー(レッドブル)にベッテル、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、グロージャン、可夢偉と続き、以降9番手のライコネンまでが1秒以内につけていた。

その頃には23名がタイムを残しており、最後の一人であるハミルトンは一度コースに出てきたものの、コースオフを喫してピットへと戻っている。

終盤にかけてタイム更新が続き、トップはマルドナドからベッテル、そして再びマルドナドへと入れ替わる。マルドナドは1分37秒455を刻んでベッテルに0.569秒の差をつけた。

セッション時間が残り10分となり、マシンの数もまばらだったコースが再び賑わい始める。ここまでノータイムだったハミルトンもソフト側のミディアムコンパウンドでガレージを後にした。ハミルトンは最初のタイムを2番手に入れ、3番手に可夢偉が続いている。

最後には全ドライバーがコースに出てタイムシートのオーダーは目まぐるしく入れ替わる。バトン、ウェバー、ベッテルが次々に最速タイムを塗り替えるも、ロズベルグが一人1分36秒台をたたき出してライバルたちを引き離した。

最終的にトップに立ったのは1分36秒877を刻んだロズベルグ。2番手以降のベッテル、ウェバー、ライコネン、グロージャン、バトン、マルドナド、シューマッハ、ハミルトンまでが1秒以内につけ、可夢偉が10番手に入っている。

マレーシアGP予選はこのあと日本時間17時からスタート予定。お楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.